現場を知ってる

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2017年05月09日 13:13

東京医科歯科大の歯学部附属病院で、男性研修医が男性歯科医を刺したという事件。


同病院は、歯科で唯一の『ロハス・メディカル』配置先でもあり、色々な意味でビックリなんだが、実は、この6階の処置室、私は親不知2本の抜歯のため患者として一昨年通ったことがある。


「処置室」と言っても、何の仕切りもないユニット10台ほどのオープンスペースだったと記憶している。よって、歯の処置を受けながら事件を目撃しちゃった人が何人もいたはずで、さぞビックリしただろうと思う。その人たちの処置は最後までやってもらえたんだろうか。それこそ親不知の抜歯中だったりしたら悪夢だ。


(5月9日16時追記)その後の報道によると、刺したのは研修医でなく、30歳の医大生だったようだ。

<<前の記事:子どもが病気! 親ができることは?    育児中の思わぬ伏兵、鼻水と鼻くそ:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/3261

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。