2017年07月のアーカイブ

<<2017年06月  |   2017年08月>>

2017年07月25日

病児保育の思わぬ落とし穴、「別のクリニックに行ってください」

投稿者: 熊田梨恵 | 投稿日時: 2017年07月25日 09:34

先日病児保育を使おうとして、定員外いっぱいで入れないのではなく、部屋数の問題で入れなかったという話を書いた。

親として万全の体制を敷いていてもそういうことがあるのでは、どうしたものかと思う。

今も国内で手足口病が大流行しているので、いざという時のためにシミュレーションしておかなければと思いながら過ごしている。

今回は、病児保育を利用しようとしたけど医療機関を回され、処置も色々あり、午後になってようやく預けられたという話。

続きを読む>>

2017年07月21日

がんワクチンが効かない理由~坂口志文・大阪大学特任教授セミナーより

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2017年07月21日 09:53
坂口志文2017年7月11日.jpg
 7月11日に開催されたプレスセミナーで非常に興味深い話を聴いた。講師は、制御性T細胞の研究でノーベル賞の呼び声が高い坂口志文・大阪大学免疫学フロンティアセンター特任教授(写真)。私が特に重要だと思ったくだりとスライドを、備忘録を兼ねて、皆さんと共有したい。

続きを読む>>

2017年07月18日

日本でも大人気の除草剤 実は農家を疲弊させる?!

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2017年07月18日 07:49

去る7月7日、米カリフォルニア州では、同国のグローバルな農薬・種子企業モンサント社の除草剤「ラウンドアップ」の有効成分「グリホサート」が、正式に発がん性物質リストに加えられました。前回の経緯の確認に引き続き、今回は、同剤の普及が私たちの生活と環境に与える影響について見ておきたいと思います。

続きを読む>>

2017年07月12日

健やか親子21、1次から2次へ 母親のメンタルケアはどう変わったか

投稿者: 熊田梨恵 | 投稿日時: 2017年07月12日 13:41

【備忘録兼ねたブログ】
日本の母子保健政策の要の一つ「健やか親子21」。2000年に国が策定し、国や地方自治体、関係機関、団体などによる国内の母子保健の主要な取り組みを示している。母親のメンタルケアについては、2001年から始まった「健やか親子21(第一次)」で産後うつの数値目標も掲げられ、主要な取り組み課題に挙がっていたものの、2015年からの「第二次」で少し押しが弱くなった印象がある。数値目標は、母親そのものというよりケアの提供側の整備に変わった。母親のメンタルケアについては「虐待をするようなメンタルになっていないか」というあくまで子どもを中心にしたケアに重点が置かれている印象だ。なぜかなと思い、健やか親子21(第一次)の流れを追ってみた。

続きを読む>>

裁判長からの宿題~亀田言論弾圧事件第6回口頭弁論

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2017年07月12日 13:16

この訴訟で初めて傍聴記らしきものを書ける。裁判長が雄弁だったからだ。

続きを読む>>

2017年07月10日

久しぶりのメンタル崩壊

投稿者: 熊田梨恵 | 投稿日時: 2017年07月10日 15:26

先日、久しぶりに産後うつの真っ最中を思い出すようなメンタル崩壊が起きた。


息子が通っている子ども園で風邪が流行っていて、先々週ぐらいから息子は熱を出したり、咳や鼻水が出たりと、ずっとぐずぐずと風邪をひき続けている。

熱は39度ぐらいまで上がるときもあり、先週は子ども園から呼び出されることもあったし、登園を休むことも2回あった。

下痢や鼻水、何を食べさせるかといったケアも手間はかかるが、今回もっともつらいのは、夜中の連続の咳だった。

今回の風邪はわりと咳が続くタイプらしく、起きている時も咳き込むが、寝ている時の方がひどい。

深夜2時以降、続けて咳をし出すので、もちろん私は目が覚める(なんで子どもの咳ってあんなに気になるんだろうか)。

息子は寝ぼけていたり、起きていたりだが、寝ぼけていると私にくっつこうと体を寄せてきたりする(と言うと可愛く聞こえるが、実際は頭突きとか踵落としとか、痛い系が多い)ので、私も目が覚める。

私は背中をさすってやったり、心細そうなときは手や腕、脚を握ってやったりする。

夜中の咳は、鼻水が喉に落ち込んで起こることも多いので、電動鼻水吸い取り器で吸い取ったりもする。
これが先週半ばから週末にかけて、ずっと続いていた。

お陰で、私は毎日2、3時間ぐらいしか寝られず、ひどい睡眠不足が続いていた。

続きを読む>>

2017年07月06日

病児保育の思わぬ落とし穴、「隔離室対応」

投稿者: 熊田梨恵 | 投稿日時: 2017年07月06日 15:47

今年2月、保育園に通う1歳半の息子がインフルエンザB型とRSウィルスによる風邪に次々とかかり、ほとんど家で面倒を見ていた時期があった。

RSウィルスによる風邪は医師に「喘息性気管支炎と胃腸炎」と説明され、家で機械を使って朝晩吸入したりと、なかなか重装備なケアが必要で大変だった。
 
 
 
その頃育児休暇中だった私と夫は、日中に仕事復帰に向けて色々と仕事や作業をするようになっていて、どうしても二人とも息子を家では見られない、という数日があった。

そこで、何かあった時にはとあらかじめ病児保育の利用を考え、事前登録も早々と済ませていた。

しかし実際はなかなかスムーズにはいかなかった。

続きを読む>>

2017年07月05日

井上肇氏は帰国せず?

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2017年07月05日 12:24

7月11日付厚生労働省人事の情報が出回るようになった。どうも、井上肇氏の名前が、ないらしい。裁判所に対して井上氏が主張していたこと、正しかったようだ。証人尋問もないのかもしれない。

2017年07月03日

イヤイヤ2歳児、なんでこんなに私は疲れるの?

投稿者: 熊田梨恵 | 投稿日時: 2017年07月03日 12:16

もうすぐ2歳になる息子が先週末に39度近い熱を出し、保育園から呼び出されて迎えに行った。

息子は高熱のわりに元気で、保育園からの早退にも関わらず帰り際には園庭で遊びたいと駄々をこね、家についても玄関前でダンゴムシ収集に夢中になり、私に石で絵を描けとねだり、なかなか家に入らない。

帰ったら帰ったで、機嫌よく遊び回り、ご飯もそれなりに食べ、うんちとおしっこも問題なし。体に湿疹などもなし。

しかし体は相当に熱く、40度近くなる時もあったので油断はできなかった。

小児救急ホームケアガイドのフローチャートを辿ると、「おうちで様子を見る」に該当したので、そうすることにした。

続きを読む>>

2017年07月01日

日本で大人気の除草剤、米国で発がん性認定

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2017年07月01日 23:26

6月26日、米カリフォルニア州が、米国の農薬・種子企業であるモンサント社の除草剤「ラウンドアップ」の有効成分「グリホサート」を、発がん性物質リストに加えると発表した、との報道がありました。国内では大きなニュースにはなりませんでしたが、この商品の国内および世界での普及状況からすれば、やはり看過できません。

続きを読む>>