文字の大きさ

過去記事検索

情報はすべてロハス・メディカル本誌発行時点のものを掲載しております。
特に監修者の肩書などは、変わっている可能性があります。

風邪とインフルエンザを追い払う10のヒント

2-1-1.JPG今年も風邪の季節がやって来ました。
ひかないにこしたことはありませんが、思い通りにはいかないもの。
ひいてしまった時に知っておくと役に立つヒント10個を並べてみました。
意外と知らないことがあるはずです。

監修/木村哲 国立国際医療センターエイズ治療・研究開発センター長
    森澤雄司 自治医科大学附属病院感染制御部長
    金田充博 三楽病院薬剤科部長


 風邪をひくと不愉快なものです。鼻水が出る、くしゃみが出る、咳が出る、痰がからむ、熱が出る、下痢をする、嘔吐する、全身が痛む......。症状を挙げるとキリがありません。大抵の場合、一過性で大したことはないと分かっているだけに、頭痛がしたり、意識がボーっとしたりして仕事の能率が落ちると、なんだか腹が立ってきますよね。
 でも、実はこういった症状は風邪の本体ではないので、症状だけに一喜一憂しないことが大切だったりします。誰もが経験のある、この「万病のもと」と、どういう態度で付き合うのが賢いのか考えてみました。

  • ロハスな商品を厳選してお届け! HAPPY GRIN
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
掲載号別アーカイブ