文字の大きさ

過去記事検索

情報はすべてロハス・メディカル本誌発行時点のものを掲載しております。
特に監修者の肩書などは、変わっている可能性があります。

糖尿病との賢いつきあい方

4-1-1.JPG生活が豊かになると増える病、それが糖尿病です。
しかも、どうやら人種的に日本人は糖尿病になりやすいようで、今後どんどん患者さんが増えると考えられています。
どうすれば防げるか、なってしまったらどう対処するか、考えてみませんか。

監修/岡芳知 東北大学教授
    門脇孝 東京大学教授
    荻原健英 東北大学助教授

 好きな時に好きな物を食べて好きな事をする。できたらいいなあと皆さんが夢見ていることかもしれません。でも考えてみれば、わずか数十年前の暮らしに比べて、現代はその「夢」に随分近い暮らしをしています。
 なんと素晴らしい! と言いたいところですが、そういった暮らし方が生活習慣病を増やしてしまったのも事実。代表格が糖尿病です。
 体に楽で舌においしい生活をすると、なぜ病気になってしまうのか。ストレスは少ないのだから、むしろ体に良くて当然の気がしませんか。でも、体の仕組みを調べていくと、ちゃんと理由が見つかります。
 理由が分かってみれば、糖尿病を防ぐ方法、なってしまった後の対処法、ともに合点がいくはずです。実行できるかどうかは別問題として、まずはその理由を知るところから始めましょう。

  • タイ王室の高貴なお茶 お求めはHAPPY GRINで
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
掲載号別アーカイブ