医療政策に総意形成プロセスを-森臨太郎氏インタビュー②

投稿者: 熊田梨恵 | 投稿日時: 2010年08月09日 18:34

 森臨太郎氏(東大大学院医学系研究科国際保健政策学准教授)インタビューの第2回です(前回はこちら)。今回は、このガイドラインの作成過程に関する考え方が医療政策全体に通じるというお話を伺いました。エビデンスの取りまとめや納税者の視点に立った費用対効果分析、医療者と患者の情報交流にもつながる総意形成手法といった部分にポイントがありそうです。(熊田梨恵)

続きはこちら

<<前の記事:本来の「根拠」と「総意」に基づくガイドラインとは?-森臨太郎氏インタビュー①    「標準医療の底上げで、救える命を救う」森臨太郎氏インタビュー③:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2770

 森臨太郎氏(東大大学院医学系研究科国際保健政策学准教授)インタビューの第2回で... 続きを読む

今後展開すべき医療政策(2010年改定) 以前出したものは古くなっているので、改定してみます。 医療関連の政策立案  医療の政策は、基本的には経済状況... 続きを読む

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。