震災半年 『きぼうメディカルみやぎ』を配布 コメント欄

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2011年09月11日 13:53

東日本大震災から半年経ちました。被災された方々を取り巻く環境は依然として厳しいものがあり、健康への影響も心配されます。仙台市に本拠を置く健診機関「杜の都産業保健会」から委嘱を受け、生活環境が激変してしまった方々の健康維持のヒントとなるような小冊子『きぼうメディカルみやぎ』を制作しました。費用は、第一三共グループと同社員からの寄付で賄われました。ロハス・メディカル仙台版版元である日本シナジーマネジメント社が仕切って、河北新報社や各地のシルバー人材センターの協力も得て、宮城県内すべての仮設住宅に配布していきます。(川口恭)

続きはこちら

<<前の記事:第1回不活化ポリオワクチン検討会 傍聴記 その5    第1回不活化ポリオワクチン検討会 傍聴記 その6:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2932

東日本大震災から半年経ちました。被災された方々を取り巻く環境は依然として厳しい... 続きを読む

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。