がん患者さんのための公開講座のご案内

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2014年11月28日 09:47

以下ご案内をいただきました。

『患者が知りたい最先端医療 患者が求める物語と対話の医療』

というシンポジウムが、12月23日(火・祝)の13時から、東京大学医学部附属病院中央診療棟Ⅱ・7階大会議室(〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1)で開かれるそうです。
式時代を次頁に転記しておきますが、より詳しい情報は、http://www.cancercheck.jp/ をご覧ください。

13:00 開会・主催者挨拶これからの“がん医療”を考える患者の会代表 吉田道雄

【第1部】患者が知りたい最先端医療

 講演1 「がん免疫治療新時代」(30分)
    東京大学大学院医学系研究科免疫細胞治療学講座特任教授 垣見和宏先生

 講演2 「がん治療後の患者のQOL向上に貢献する、スーパーマイクロサージャリー」(30分)
    東京大学医学部形成外科・美容外科教授 光嶋勲先生

【第2部】患者が本当に求める医療~患者に寄り添う医療の実践~

 講演3 「患者と共に生きる医療」(30分)
    三井記念病院院長 高本眞一先生

 講演4「医療の隅間を埋める対話」(30分)
    順天堂大学医学部病理・腫瘍学講座教授/
    一般社団法人がん哲学外来理事長 樋野興夫先生

 講演5 「EBMに基づく、物語と対話の医療の実践」(30分)
    聖マリアンナ医科大学付属研究所
    ブレスト&イメージング先端医療センター付属クリニック院長 福田護先生

 ※第1部、第2部の終了後に10分間の休憩を挟みます

【第3部】パネルディスカッション
    「物語と対話による医療~エビデンスとナラティブの両立へ~」
    第1部、第2部の講演者
    コーディネーター:佐藤(佐久間)りか
            (NPO法人 健康と病の語りディペックス・ジャパン事務局長)

 17:10 閉会(予定)
 17:30 先生方を囲んでの懇親会(どなたでもご参加いただけます)
    事前申込みにて、懇親会参加費3,000円
    会場:東大病院入院棟A15階レストラン「精養軒」

 司会・進行ムーラン( Cancer Supporter’s Station代表・がんサバイバー)

<<前の記事:スマホゲーム『伝染病株式会社』に誤り    全国登録で遺伝性乳がん卵巣がんの実態把握へ:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/3074

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。