がん罹患率を減らせるか

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2016年12月14日 00:00

一昨日の続きで、がん対策基本法の改正部分に書き込まれたことの意味を考察する。


基本法の理念を生かして具体的に何をするかは「がん対策推進基本計画」に書き込まれる。来年から第3次計画が始まるので、それに向けた議論が、がん対策推進協議会などで行われている。


8月の回に面白い資料が出ていた。


がん罹患率米国.png


注目すべきは上の方のグラフで、米国では2012年の段階で年齢調整したがん罹患率が下がり始めているらしい。これに対して日本は2010年までのデータしか出てないが、ちょっと下がりそうもない。

がん罹患率日本.png
(出典:国立がん研究センターがん対策情報センター


この差は一体何なのか。


「がんの原因となるおそれのある感染症並びに性別、年齢等に係る特定のがん及びその予防等」が効いている可能性はある。

<<前の記事:泡と消えた局長のこだわり    LINEアカウントを勝手に作られた!:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/3096

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。

 

コメント