浦安

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2017年01月08日 00:00

昨日のブラタモリが浦安を採り上げていた。私は、浦安市の北に位置する市川市の生まれで、大学入学まで18年間過ごした。


中学生の時には、剣道部の出稽古で新設校だった東京学館浦安高校へ頻繁にお邪魔し、セイタカアワダチ草の生い茂る中に、シンデレラ城が徐々に姿を現す様も眺めており、非常に身近に感じていたし、よく知っていると思っていた。


が、番組を見て、何も知らなかったんだなあと愕然とした。


確かに、海苔の棒が無数に立っている浦安の絵は見たことがあったのだが、漁師をすれば、すぐ財を成せる位に、豊かな浅瀬があったことなど全く知らなかった。私にとって、江戸川と東京湾は、ヘドロが浮かぶ臭くて汚い水辺だった。


人口減少に向かう日本は、地域の特性に合った納まり方でないとやっていけなくなると思われ、今のうちに高度成長期以前の地域の元の姿を住民たちで共有しておく必要があるのかな、と思った。たかがテレビだが、凄く色々なことを考えさせられた。


<<前の記事:基本とするとしている    かかりつけ歯科医:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/3125

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。