阪神支局襲撃から30年

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2017年05月03日 14:23

私が朝日新聞記者を志すきっかけになった赤報隊・朝日新聞阪神支局襲撃事件から30年経った


当時の私は高校3年生。それまで新聞記者という職業があることすら、友人の父がそうだということを除いて、ほとんど意識していなかった。しかし、事件後の報道の大洪水を見ているうちに、何だかとても意義深い仕事っぽいな、命がけなんて格好いい、殺せば殺すほど志願者が湧いてくるなら犯人も悔しかろう、といったことを考えるようになり、気づいたら朝日新聞記者になっていた。


ただ、正直、自分は朝日新聞社のプチブル的気風には、なじめなかった。で、今こんなことをしている。


30年前のあの事件がなかったら、自分はどういう人生を歩んでいたんだろうか。

<<前の記事:メニュー至上主義    イメージって大事かも:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/3257

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。