イヤイヤ2歳児、なんでこんなに私は疲れるの?

投稿者: 熊田梨恵 | 投稿日時: 2017年07月03日 12:16

もうすぐ2歳になる息子が先週末に39度近い熱を出し、保育園から呼び出されて迎えに行った。

息子は高熱のわりに元気で、保育園からの早退にも関わらず帰り際には園庭で遊びたいと駄々をこね、家についても玄関前でダンゴムシ収集に夢中になり、私に石で絵を描けとねだり、なかなか家に入らない。

帰ったら帰ったで、機嫌よく遊び回り、ご飯もそれなりに食べ、うんちとおしっこも問題なし。体に湿疹などもなし。

しかし体は相当に熱く、40度近くなる時もあったので油断はできなかった。

小児救急ホームケアガイドのフローチャートを辿ると、「おうちで様子を見る」に該当したので、そうすることにした。

しかし、普段と変わらず元気なので、私は相当に疲れた。

息子はイヤイヤモンスター全盛期(いや、自分が全盛と思っているだけでもしかしたらもっとひどくなるのかもしれない)で、ご飯もお風呂も遊びも着替えも歯磨きも外出も寝るのも全部「イヤ」なので、こちらはとてつもなく疲労する。

「そんなにイヤなんだったらお母さん知らないよ!」とキレてしまうことも多いのだが、息子は決して一人では遊んでくれない。

何をするにも一緒でないと嫌がるし、踊ったり、合いの手を入れたり、絵を描いたり、人形ごっこをしたり、散歩したり、虫を探したり、三輪車に乗ったりなどなど・・・・・・・・・色々と一緒にしてほしがる。

しかし、まだ言葉を十分に話せないので、「これ」「こっち」とか指さしや手振りなど、単語とジェスチャーで要望を伝えようとしてくるので、なかなか理解するのが難しい。

そして要望内容が多種多様だ。「カエルを描いて」「きらきら星の歌で立って踊って」「ブロックを縦一列で組んで」など、細かい。というか、子どもの考え付く遊びは無限だと思う。

おまけにちょっと間違えてカエルでなく犬を描いたりすると「イヤ!」と怒って、クレヨンを投げたりする。立たずに座って踊ろうとすると、叩いてくる。

さらにこの要望、矢継ぎ早に続くのだ。踊ったかと思うと、掃除機を使え、リンゴを剥け、外に行きたい、虫を探せ、絵を描け・・・。脈絡がない上に、次々とくる。

多種多様でスピードの速い要望の内容が何なのかを理解するために結構頭を使うので、疲れる。それに内容も「あっちのブロックを取ってこい」(自分が手を伸ばせば届くのに)とかワガママなものも含まれるため、嫌になることもある。

そこで「何を言いたいのか分からないよ、お母さんも疲れた!」と言ってコミュニケーションを諦めた様子を見せると、怒る怒る。そして泣く泣く。

要望の内容を間違えるより、私がコミュニケーションをやめようとする方が、激怒りする。ギャン泣きする。

本人も、頭では言いたいことがあるのに、うまく言葉にならないのでもどかしかったり、悔しくて腹が立っているのもあるのだろう。それは察するが、私だって人間だもの。仏のように寛容で居続けられない。ずっと付き合うのはしんどい。それに泣かれると、めんどくさくなる。

私はいまだに泣き声が苦手なので、子どもに泣かれると「なんとかしなきゃ」スイッチが入ってしまう。

以前ほど脅迫的ではないが、息子の泣き声は操り人形の糸のようで、私は動かされてしまうし、何しろ耳障りが悪い。

泣かれるのが嫌だし、面倒なので、コミュニケーションを一生懸命に続けているという部分もあると思う。(それでもしょっちゅう泣いているけど)

それでも疲れていたりすると、あまりの要望の多さと細かさ、イヤイヤの多さに疲れて匙を投げてしまい、「あー、もうお母さん疲れた! 勝手にしてよ!」と言ってしまい、息子に背を向けたりしてしまう。

すると息子は、じっと私を見つめながらギャン泣き手前のグズグズ泣きをする。

私も息子に悪いな、とは思ったりしているので、しばらくしたら息子を抱っこする。私が悪いなと思う時があったら、「お母さんが余裕がなくて悪かったよ」と謝ったりする。

すると息子もしばらくはおとなしくしているのだが、元気が復活してくると、またイヤイヤモンスターも復活して、同じことを繰り返す。

毎日、そんな感じだ。

ずっとこうだと、ガス抜きできるところがなく、すべてのことが私と息子の二人の関係性の中でやり取りされるので、息苦しくなってくる。

息子が私とのコミュニケーションに集中し続け、私が外を向こうとするの怒ってくるので、苦しくなる。

夫がいると、適当に夫が間に入ってくれたり、遊んでくれたりするので、私も落ち着けるのだが。


この土日、ずっと息子といてぐったりと疲れたので何がこんなに疲れるんだろう? と考えたので書いてみた。


  1. 何を言っても「イヤ」と反発されるのでイラっとする。

  2. 要望が分かりづらいのに、細かい。おまけに矢継ぎ早で、息をつく暇がない。要望に対する受け答えを間違えるとかんしゃくを起こす。

  3. 次々と要望を出されるので自分のペースを持てない。気になる家事・仕事があったりすると余計にイライラする。

  4. 動きが激しいので、立ったり座ったり、あっちに行ったりこっちに行ったり、細かく動かなければいけないので体が疲れる。その上、すべて子どもの気分次第なので、予測不能の行動に付き合わされるのが疲れる。

  5. 場所によるが、遊んでいる時に離れて見ていられるほどの年齢ではまだない。何かあった時に手を出せる距離でいないと危険な場合がある。つまり、くっついて動いている必要がある。

  6. 開き直って子どもと遊ぶのをやめると、泣く。

  7. それでも、ご飯、寝る、お風呂、歯磨き等生活習慣はやっていかなければならない。
  8. 忍耐力、交渉力、マネジメント力の鍛錬のような毎日だ。

    私がタイプとして専業主婦向きではないというのも大きいだろう。

    じゃあ、どうやったら楽になるんだろうと考えた。

    私がもう少し体力があって子どもの細かい遊びに付き合ってあげられたり、仕事や家事、次の予定など考えずに遊びに集中できたりするとだいぶ違うだろうなと思う。

    時々、そんな風にして付き合ってやれる時があると、私も楽だし楽しく遊べたりする。子どももイライラしている私といるより楽しそうだ。

    だから、そうできたらいいなと思うし、そうしたいのだが、毎日のことだからなかなかそうもいかない。

    本当は夫や、誰かがいるとかなり楽になるのだけど、それは仕方ない。

    イヤイヤ期が過ぎたり、息子の言葉がもっと分かるようになると、だいぶお互いのストレスも減るんだろうなと思うのだけど。

    あと1年ぐらいはかかるんかな・・・。

    育児はあっという間だと言われるけど、渦中にいるとなんでこんなに長く感じるんだろう。


    それでも、息子は可愛い。

    大変だ大変だと書いているけど、やはり可愛い。だから大変なことも頑張れる。

    99%大変だと感じていても、1%可愛いなと思える時があるから頑張れるような、そんな気がする。


<<前の記事:日本で大人気の除草剤、米国で発がん性認定    井上肇氏は帰国せず?:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/3296

コメント

Hi there, for all time i used to check webpage posts here early in the daylight,
for the reason that i love to gain knowledge of more and
more.

Why Do Most People Belive That Cancer Is A Disease?
Everyone has the capacity too heal themselves
There isn't any cancer which has not been survived by someone, regardless how far advanced it absolutely was.

If even one individual has succeeded in healing his cancer, there needs
to be a mechanism for this, equally as yyou will find there's mechanism for creating cancer.
Every person on this planet hass the ability to do both.
If you have been informed they have cancer, you may
not manage to customize the diagnosis, butt it's certainly in your power to affect the desttuctive consequences it (the diagnosis)
could have giving you. The way you perceive the cancer and also
the steps you determine to take following diagnosing
are some in the strongest determinants of the future wellness, or the deficiency
oof it.
90-95 percent of most cancers appear and disappear of theirr own accord
The indiscriminate mention of the cancer as a 'killer
disease' by professionals and lay people alike has turned cancer right into a disorder woth tragic consequences for the majority of
today's cancer patients in addition to their families. Cancer has become synonymous
with extraordinary suffering, pain, and death.
This perception continues although 90-95 percent coming from all cancers appear and
disappear that belongs to them accord. Nott a day passes minus the body making countless cancer cells.
Some people, under severre temporary stress, make more cancer cells than usual and form clusters of cancerous cells that disappear again once
they feel great.
According to medical research, secretions of the DNA's powerrul anticancer drug,
Interleukin II, drop under physical and mental duress and increase again once the
person becomes relaxe and joyful. Low secretions of
Interleukin II increase thhe incidence of cancer within the body.
However, everyone is generally not under severe stress oon a regular basis.
Therefore, cancers vanish with no kind off medical intervention and without causing any real harm.

Right currently, numerous everyone is travelling wigh canxers
inside their body wijth no a hint they've them. Likewise, nmerous people heal
their cancers wwithout even knowing it. Overall,
there are numerouss more spontaneous remissions of cancer than there
are diagnosed andd treated cancers.
Cancer treatments do more harm than good
The facts are, relatively ffew cancers actually become 'terminal' or are even detected.

The vast majority of cancers remain undiagnosed and are not found until autopsy.
Typically, these people don't die as a consequence of cancer.
They don't need symptoms that could prompt your physician to prescribe any with the standard cancer-detecting tests.
It should raise everyone's eyebrows that 30-40 times as numerous cases of thyroid, pancreatic, and
ccancer of the prostate are found in autopsy than are destected by doctors.
The British medical journal Lancet published a report in 1993
that showed early screening often contributges to unnecessary
treatment. The reason for that? Although 33percent of autopsies reveal prostate
type of cancer, only 1 percent die from it. After age 75, half in the males may have prostate cancer,
but only 2 percent die from it. New official
recommendations (August 2008) demand oncologists to no longer
treat men with protate cancer after dark day of 75 years ass the treatments do more harm than good and provide noo advantages
over no treatment at all.
It has to be noted these low mortality raes only sign up for anyone who has
neither been identified as hafing cancer nor received any answer to cancer.
Mortality rates, however, increase drastically if cancers are now being diagnosed and treated, which clearly shows simply what
does the killing. Once diagnosed, most canbcers should never be given an opportunity to disappear by themselves.
They are promptly targeted having an arsenal of deadly weapons including chemotherapy drugs, radiation, and the surgical knife.

'Sleeping' tumors that might never really cause much problems forr
one's body, may now be aroused into powerful defensive reactions aand become aggressive, lije relatively harmless
bacteria that become dangerous sperbugs when attacked by antibiotic medication. It makes absolutely no sense that at
the samje time if you want to bolster one's body's most significant healing system -
the immune system - you'd subject yourself to radical treatments that basically
weaken or destroy the defense mechanisms.
The problem with cancer patients is always that, terrified by the diagnosis, they submit their bodies to those cutting/burning/poisoning procedures that,
more often than not, will lead them more rapidly to the daay of final sentencing:
"We need to inform you with this deepest regret there's nothing more you can do to help you."
The most pressing question for you is not, "How advanced or dangerous is my cancer?" but, "What am I doing or otherwise not doing that puts my body system in a situation of needing to battle due to the life?" Why do many people go through cancer like it were the flu?
Are they just lucky, or perhaps is there a mechanism aat the job that produces the healing?
On the contrary, exactly what is the hidden element that prevents our bodies
from healing cancer naturally, which makes cancer so dangerous, if indeed it is dngerous at all?

People believe canceer is really a vicious killer
The techniques to these queries lie with all thhe person who has got the cancer, and does not be determined
by the degree of the particular cancer's 'viciousness' or perhaps the advanced stage this agreement seems like to get progressed.
Do you feel tht cancer is often a disease? Yoou will probably answer,
"Yes," given the 'informed' opinion that tthe healthcare industry andd mass media havee fed on the masses for many
decades. Yet, greater important but rarely asked question remains, "Why do you consider cancer is often a disease?" You may answer,
"Because I know cancer kills people every day." I would then question you
further, "How have you any idea which it is the cancer that kills people?" You would probably reason that
a lot of people who've cancer die, so obviously it has to be the cancer that kills them.
Besides, you might reason, all the expert doctors tell us so.

Let me ask you another question, a verry strange one: "How do you know definitely you are the daughter/son of the father and not of one other man?" Is it
as your mother stated so? What makes you think that your particular mother
told you thhe truth? Probably since you believe her

Hi would you mind sharing which blog platform you're working with?
I'm going to start my own blog in the near future but I'm having a difficult
time selecting between BlogEngine/Wordpress/B2evolution and Drupal.
The reason I ask is because your design and style seems different then most blogs and I'm looking for something unique.
P.S Apologies for being off-topic but I had to ask!

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。

 

コメント