文字の大きさ

過去記事検索

情報はすべてロハス・メディカル本誌発行時点のものを掲載しております。
特に監修者の肩書などは、変わっている可能性があります。

がん⑩ こんなに多様な医療スタッフ

76-1-1.JPGがん治療、頼れるのは自分と家族とお医者さん......そう思っていませんか? 医療機関には、サポートしてくれる人たちが、皆さんの考えているよりずっと多くいます。
監修/山口俊晴 がん研有明病院副院長
    榮木実枝 がん研有明病院看護部長

76-1.2.JPG
 ひとくちにがん治療と言っても、病気自体が多様であるのに加えて、検査、診断されてから入院での本格的治療が始まるまで、入院中、退院後のフォローといったように、様々な段階があり、起きてくる問題や悩みも当然に千差万別です。その多様な悩みを誰に相談すればよいか、すぐに思いつくでしょうか。
 図をご覧ください。がんが疑われてから経過観察に至るまでの大まかな流れと、その間にお世話になる代表的なメディカルスタッフです。
 それぞれの職種がどういうことを専門としてがん医療を支えているのか、次項から、順を追って見ていきましょう。

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
掲載号別アーカイブ