文字の大きさ

過去記事検索

情報はすべてロハス・メディカル本誌発行時点のものを掲載しております。
特に監修者の肩書などは、変わっている可能性があります。

絵で見て分かる生活習慣病⑦ 毛細血管がつぶれ3大合併症に

106-1-1.jpg 糖尿病になると、動脈硬化が進むだけでなく、末端の毛細血管も傷みます。そして、それが様々な症状となって現れます。なかでも糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害が、3大合併症として知られています。
監修/小田原雅人 東京医科大学主任教授

 毛細血管は、赤血球が1個やっと通れる程度の太さしかありません。多少傷んでも血の流れる大血管と違って、傷むと血流がなくなります。そして、その血管に養われていた細胞も死にます。

 これら毛細血管の多い臓器の代表格が眼の網膜と腎臓の糸球体で、また末梢神経は毛細血管に養われているだけでなく血糖によって変性もしてしまうので、糖尿病が進行すると、それらの臓器に障害が出ます。進行を止めるには、血糖値を上げ過ぎないようコントロールする必要があります。
生活習慣病7_図1.jpg
糖尿病の主な慢性合併症

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
掲載号別アーカイブ