村重直子の眼6

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2010年06月05日 13:18

元厚生労働省大臣室政策官の村重直子氏が在野のキラリと光る人たちと対談していくシリーズ、本日から第2クールに入ります。対談していただくのは、医療事故調の問題や出産育児一時金の問題などで、皆さんにもすっかりおなじみとなった井上清成弁護士。ただし、今回のテーマは無過失補償制度です。(担当・構成 川口恭)

続きはこちら

<<前の記事:「救児の人々」書店営業をしてます    医療は本当に成長産業になるのか コメント欄:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/2717

 元厚生労働省大臣室政策官の村重直子氏が在野のキラリと光る人たちと対談していくシ... 続きを読む

コメント

裏の皆保険などという新しい制度設計をしなくても、保険診療に関する患者側からの民事訴訟はまず保険者が受けて立ち、保険者が負ければ、必要に応じて保険者と保険医療機関で解決することにすればよいと思います。
そうすれば、保険が利かない検査をしなかったことの瑕疵は医療機関ではなく保険者の責任になりますし、医療体制不備の瑕疵もまた、そんな医療機関を指定していた保険者にあることになり、とりあえず医療機関の負担は大幅に減ると思います。

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。