子どものかかりつけ医を探せ! ~吹田編⑦

投稿者: 熊田梨恵 | 投稿日時: 2017年04月25日 00:00

■子どものかかりつけ医を探せ! シリーズ 吹田編       

後日談。

トンデモクリニックで痛い目に遭った私が次にどこを選んだかというと、最初の訪問時に保健師が教えてくれた、「人気でいつも大変混み合っている」という小児科にした。

そのクリニックは徒歩20分ぐらいかかり、途中坂道が多くてベビーカーは大変だった。しかし、ホームページの文言で失敗した私は、やはり口コミが一番!と思った(これが豊岡でのかかりつけ医探しにも影響した)。その小児科は既に多くの母親から人気があり、保健師もそう言うぐらいなのだから間違いないだろうとそこに決めた。多少遠くても構わないと思った。

予防接種を受けたいと電話をした時も、受付の方は慣れた様子で日時を案内してくれた。4つの同時接種も可能だった。確かに込み合っていたので少し先にはなったが、予防接種スケジュールがずれるほどではなかったので気にならなかった。

何より、受付の方の慣れた感じと明るい声が、心強く感じられた。

私はここでもやはり心強さを求めていたのだと、今思い出してもそう思う。


当時の私は産後うつもひどく、体調がかなり不調だったため、予防接種当日は主人や友人に付き添って来てもらっていた。

そのクリニックの医師は高齢の男性で、明るく気さくな雰囲気でほっとした。予防接種を打つのも、医師だった。打った後には丁寧にそのクリニックで作成した予防接種のスケジュール表もくれて、色々話してくれた。

私は本当にほっとした。小児科医ってこういう感じだよな、と思った。

不安な母親を安心させてくれる言葉や雰囲気。

私はこの先生になら何でも尋ねられると思い、安心したし、心強かった。

やっとこの地域で、自分が求めているものを与えてくれる医師に出会えた、と思った。
(療養のため、すぐに吹田を離れることになってしまったが・・・)


(吹田編、おわり)


<<前の記事:子どものかかりつけ医を探せ! ~吹田編⑥    「自分は健康」と思っている人を、楽しく医療につなげるには?:次の記事>>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://lohasmedical.jp/mt/trackback/3249

コメント

冷静になりましょう
言葉使いも雑になってます
言葉は一度出たら取り返しがつきません
感情だけの言葉は、情報提供になるのでしょうか?

Med_Law先生

貴重なコメントをありがとうございました。
先生からのコメントを頂いてからしばらく色々と考え、以下のエントリーを書きました。
http://lohasmedical.jp/blog/2017/04/post_2745.php

ご指摘下さり、感謝いたします。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを投稿


上の画像に表示されているセキュリティコード(6桁の半角数字)を入力してください。