執筆メンバーご紹介

序文

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2007年04月22日 16:19

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 Medical Research Information Center (MRIC) メルマガ vol 5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 単行本『いのち輝かそう』に賞主催者である亀井眞樹医師が寄せた序文。

 鳥肌が立つような名文です。ご堪能ください!!

                       MRIC(エムリック)田中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む>>

はじめまして。加藤大基です。

投稿者: 加藤大基 | 投稿日時: 2007年04月14日 21:34

はじめまして。
加藤大基と申します。
このたび縁あって、こちらでブログの執筆者のひとりとして参加させてもらうことになりました。

川口様よりの紹介にもあるように、放射線治療を行う医師であると同時に、肺癌患者でもあります。
昨年4月に、外勤先のクリニックでのレントゲン写真で、左肺の異常陰影を自分で発見したところから始まりました。
昨年5月に東大病院で手術を受け、非小細胞肺癌Stage1Aとの診断が下りました。
正確には昨年4月17日に異常陰影を発見したので、まもなく1年が経とうとしています。
5年生存率75~80%で、診断時34歳、今年は年男です。
したがって、40歳まで無再発で生存できれば、完治したことになります。

がん患者としての立場、がん治療に携わる医者としての立場で、ろいろと書かせてもらおうと思います(そのほかの四方山話も織り交ぜながら)。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


プロフィール

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2006年08月09日 17:26

亀井眞樹(かめいまさき)
医師。臨床思想家。


東京大学医学部医学科卒。
大学院在学中の1992年に開設した代々木公園診療所で、統合医療を実践する統合医療の旗手。
専門は神経内科学・漢方医学。
陳氏太極拳伝人。
漢方医学に関する医師・一般向け著述・講演多数。
臨床という人間の営みの特殊なフィールドから「次の時代」 を模索する「臨床思想家」として「學藝院有機複合体構想」を創案・提唱。
現在、政・官・財・学・民の各界とその実現に向けプロジェクトを推進中。
また、株式会社ツムラより生薬を素材とした健康食品事業の営業譲渡を受け、「健康情報事業」「健康食品事業」 「健康文化事業」を三つの柱とする 健康生活企業・株式会社Jハーブ代表。

医療は水に浮かぶ船か?

投稿者: 中村利仁 | 投稿日時: 2006年07月10日 15:21

 こんにちは。
 外科医出身の研究者の中村です。医療政策、医療経済、医業経営を専攻しています。

 最近、医療というのは社会という水に浮かぶ船のようなものかと考えています。

 いくらよい医療体制を作ろうと思っても、水に船を浮かべる余力がなければうまく行きません。あまりに海が荒れてしまえば、船は木の葉の如く沈んでいきます。また、医療という船がいくら良いものでも、神ならぬ身の人間が作り出す以上、どこか欠けたものとなることは避けられません。沈まぬ船は望むべくもありませんから、これをどう上手に漕いでいくかが国民や政策立案者に問われています。

 船に乗り込んだ医者、看護師をはじめとした医療者、事務員や経営者、あるいは政治家や官僚にとっては、効率のためにはできるだけ多くの患者さんを運びたいところですが、あまりに積みすぎれば船は容易にひっくり返ることとなります。天候や海の荒れ具合を見ながら、適切な喫水を塩梅して船出する必要があります。

 自分の仕事は、船の周りをぐるぐると回りながら、船が沈みかけていないか、あるいはあまりにも積み荷が少なくないかを観察するようなものかも知れません。

 よろしくお願いします。

MN0601

投稿者: | 投稿日時: 2006年07月09日 13:38

Medicina Nova (ラテン語で新医学)とは何?

そんな疑問が皆様によぎると思います。

私 田中祐次は以前より「もも先生」として、インターネットの中で活動しております。このたび、「ロハスメディカル」にてブログを書かせていただく機会を利用し、まずは、なぜ Medica Novoe に達したのか、自分の歴史を書いていこうと思っています。よろしくお願いいたします。

私は徳島大学医学部を卒業し、実家が埼玉県ということでもっとも実家から近い東京大学医学部付属病院を研修先に選びました。実はこのときは循環器内科の医師になるつもりでいました。東大病院の受験後は東京女子医大を受験するつもりでしたが、先に東大病院の合格の知らせがあったため、そのまま東大病院での研修を決めました。

当時は第一内科などといわゆるナンバー内科という分け方であったため、教授、助教授ともに循環器専門医師である第三内科を選びました。

ところが、、、働き始めてわかったのですが、血液の患者さんが多いこと多いこと。。そして、この第三内科での半年の研修が私自身が Medica Novoe を始めるきっかけになったと思います。

つづく、、、

はじめまして、真木魔愛(まきまめ)です

投稿者: 真木魔愛 | 投稿日時: 2006年07月08日 20:39

京都生まれ、京都育ちです。学生時代につくば万博で仕事をしたご縁で、茨城県つくばに長く暮らすようになりました。

つくば市の日本と外資系企業研究所勤務を経て、5年前に地域中核私立病院で、病院理事長秘書兼地域医療連携室の立ち上げに携わりました。
今年からフリーになって、医師や患者が、時間の限られた臨床現場を離れ自由に不安や意見を言い合える場を求めて、ささやかな活動を始めました。

医療機関に転職したのは、自らの関節リウマチ闘病があったからに他なりませんが、医療従事者の立場で病院にいると、それまでの患者としての日常が全く逆の非日常になったりします。

そこで見たこと、体験したこと、聞いたこと、決してテレビドラマに映らない病院裏のエピソード、さらに魅力溢れる職場を去ったわけまで含めて、目覚しいつくばの発展模様を背景に、京都弁あり、茨城弁あり、ありのままに楽しくお話できればいいなと思っています。

どうぞ気楽にお付き合いくださいますよう、よろしくお願いいたします。


森まどかプロフィール

投稿者: | 投稿日時: 2006年07月08日 11:51

はじめまして。森まどかです。
健康・医療・介護をフィールドに、
テレビ番組のキャスターや、シンポジウムのコーディネーターなどをやっています。

「医療キャスターは見た!」
取材やインタビューの中では、役に立つ情報から裏事情まで、見聞きします。
医療番組での取材こぼれ話や、ドクターから伺う病気の情報など、
なるべくマメに、みなさんへお届けしていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

森の中より、はじめまして。

投稿者: | 投稿日時: 2006年07月07日 22:11

五味愛美と申します。はじめまして♪
山梨県清里高原にある財団法人キープ協会に所属。インタープリター(自然ガイド)の仕事をしています。

最近は森林療法のお仕事をしております。
このブログでは、森でキレイに!元気に!そしてリラックスできる方法をご紹介していきます。
標高2400メートルの高原からそよ風にのせて、みなさまへ「読む森療時間」をお届けします。

川口です

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2006年07月02日 17:51

ロハス・メディカル発行人の川口恭です。


1970年、千葉県生まれ。
京都大学理学部を卒業後、朝日新聞記者を11年半しました。
朝日新聞時代に、若者向け新聞「seven」土曜版「be」
二つの新媒体立ち上げに携わりました。
その経験を生かして、
05年9月に「ロハス・メディカル」を創刊、現在に至っています。

 
朝日新聞時代に関わった二つの新媒体のうち
「seven」は、若年層にもニュースへのニーズがあると着眼した点で
「R25」誕生のきっかけになったと思っています。
(リクルートは認めないだろうなあ)


朝日新聞時代には、夢物語ばかり言うアホと見なされたようなので
「信じないなら自分で形にしてやろう」と
退社独立して04年10月に(株)ロハスメディアを設立
代表取締役を務めています。


グチャグチャ言う前にやってみよう!と ロハスに美しく生きよう!を
基本コンセプトに色々書いていきます。
よろしくお願いします。

 
 

コメント