文字の大きさ

いのちの授業〜がんを通して:2016年4月の記事一覧

ご報告が遅くなりましたが、1昨日の4月18日(月)に国分寺市立第二中学校を訪問し、授業見学と会場・機材チェックを行いました。

1時間目開始の8時45分に合わせて訪問の予定でしたが、少し早い8時35分に学校に到着しました。

まだ朝礼中でしたので、校長室のソファーで待たせていただきましたが、朝礼が長引いたらしく、校長先生が戻ってこられたのは9時近くでした。

1時間目に体育館での会場・機材チェックを実施する予定にしていましたが、2年生が学年集会をしているとのことで、終わり次第そちらを使わせていただくこととし、当日の授業準備等を直接担当される先生と少し打ち合わせをさせていただきました。

その打ち合わせが終わっても2年生の学年集会は続いていたのですが、校長先生のご判断で体育館へと移動させていただき、持ち込んだPCと学校側が用意してくださったプロジェクターを使用してスライド試写に入りました。

とても鮮明に映し出されることが分かりましたので、会場を可能な限り明るい状態にしたまま授業ができそうです。

2~3時間目は各クラスの授業を見せていただきました。

どのクラスもビックリするくらい真剣に授業に取り組んでおり、当日も一所懸命に話を聴いてくれるだろうという確信が得られました。

新年度になり、「いのちの授業~がんを通して」ご担当の先生が交代されたりもしているのですが、学校全体で準備に取り組んでくださっている様子がうかがえ、こちらも気を引き締めて臨むべく、万全の準備をしていきたいと思っているところです。

授業は、GW明けの5月7日(土)2~3時間目(9時45分~11時35分)で実施いたしますので、興味がおありの方はご覧いただければ幸いです。

本日、今年度最初の講師陣打ち合わせを実施しました。

久住英二さん、吉野ゆりえさんはもちろんのこと、ご協賛いただいている大塚製薬株式会社関係者の方々、主催者である愚弟を含め、総勢6名でのミーティングとなりました。

今年度の「いのちの授業~がんを通して」実施方針決定のために様々な意見が出され、昨年度実施バージョンをさらに質の高いものとするべく、私を含め当日生徒さんの前で話をする久住英二さん、吉野ゆりえさんの3名が自分の担当パートを見直し、生徒さんに分かりやすく、かつインパクトのある授業を提供できるよう力を尽くしていくこととなりました。

最初の授業は、国分寺市立第二中学校で5月7日(土)に実施となりますので、ちょうど1カ月後ですが、短い時間の中で各人精一杯準備に取り組みたいと思っております。

ご期待ください!

loading ...
月別インデックス
サイト内検索