文字の大きさ

総括会議が終わりました

皆様 こんばんは。

東京地方は12月に入っても強い寒さを感じませんが、風邪などひかれておりませんでしょうか。

先月末、11月28日(水)に「いのちの授業~がんを通して」関係者で今年度の総括会議を実施いたしました。

患者側講師をお務めの阿南さんは、イタリア出発前ということもあってか当日はご都合がお悪いとのことでしたので、前日に私と2人で打ち合わせをいたしました。

全体的なご意見やご感想として、「阿南さんのお話が、試行錯誤を繰り返しながらどんどん良くなってきており、生徒たちが親近感を持てる存在でありつつ、これからのことに対してウェイトが置かれるようになったことから、生き方を考えてみるという点でも1つの流れができており、生徒たちからも肯定的に受け入れられている」というようなコメントが出され、来年度に向けて大きく変更する必要はないとの結論に至りました。

来年度の実施に関しましても、ご協賛企業である大塚製薬株式会社から継続の方向でご快諾をいただきましたので、改めて実施希望校5校を募集させていただくことになります。

正式な募集告知は、本サイトを通じて1月に掲載させていただきますが、予めお問い合わせ等がございましたら、事務局担当であります私、川口 利までご連絡をいただきたいと存じます。メールアドレスは satoshi.kawaguchi@lohasmedical.jp ですので、お知らせ申し上げます。

皆様のご参考まで、今年度実施5校のアンケート結果一覧を以下に掲載させていただきます。ほとんどのクラスで「いのちの授業~がんを通して」実施日に事後アンケートを実施してしまった学校(三郷市立瑞穂中学校)では、7の設問に関する回答が他校とは著しく異なっておりますことをご了承ください。


2018年度5校アンケート.jpg

12月9日には阿南さんがイタリアに向け出発されますが、来年度に向けての中継通信費テスト等、早めに準備をしていかないとと考えております。

loading ...
月別インデックス
サイト内検索