文字の大きさ

2019年度実施方針決まる

皆様 こんにちは。

まずはお詫びから。

3月20日付けの記事につきましては、年度末でバタバタとしていたこと、新たにご報告する内容がなかったことから、お断りもせずにお休みをいただいてしまいました。大変申し訳ございませんでした。

5月からの新元号が「令和」に定まり、いよいよ新しい年に向かって進み始めた感がいたしております。

学校の方は、4月から新年度を迎えておりますので、既に数日が経過し、公立校においては、始業式や入学式の準備にお忙しいことと推察いたしております。

新年度に付き物なのが人事異動で、今年度実施校も例外ではありませんが、幸い校長先生の異動はありませんでしたので、学校訪問の際にお顔合わせをさせていただいている校長先生方と共に準備を進めていくことになります。また、既にお世話になった学校に勤務されていた校長先生の中には別の学校に異動された方々もおり、新任校においても「いのちの授業~がんを通して」を実施していただけたらと希望を抱いているところです。

さて、既に今年度実施5校についてはお知らせしておりますが、再掲させていただきます。

5月18日(土) 杉並区立富士見丘中学校
6月8日(土) 中野区立中野中学校
9月14日(土) 瑞穂町立瑞穂第二中学校
11月9日(土) 港区立六本木中学校
11月30日(土) 調布市立第三中学校

一昨日、4月3日に、今年度実施内容に関する関係者打ち合わせを実施いたしました。

患者側講師の阿南里恵氏は、イタリア留学中であるため打ち合わせには出席されておりませんが、医療従事者側講師である久住英二氏をはじめ、協賛企業である大塚製薬関係者の方々にもお集まりいただき、意見交換をさせていただきました。

基本的には、昨年度と同様の内容で実施することとなりますので、
Ⅰ 導入(川口担当)
Ⅱ 第一部 「がん」は身近なもの? (久住担当)
Ⅲ 第二部 「がん」を経験して(阿南担当)
Ⅳ 第三部 質問タイム(久住・阿南・川口担当)
Ⅴ クロージング・メッセージ(久住・阿南担当)
という流れに沿い、全体80分程度の内容で進めて参ります。

久住氏ご担当部分については、これまで複数の学校で「がんと遺伝」に関する質問が出されていることから、新たにそれを本編に加えていただくこととなりました。

阿南氏ご担当部分については、ご自身の夢の実現としての「イタリア留学」という内容を加えていただくことになります。

阿南氏と会場とをWi-Fiで繋ぐことについても既にお知らせしておりますが、打ち合わせでは、接続するためのソフトやハードについて、トラブルが生じた場合の対処を含め意見交換をいたしました。

今後、採用が決定したソフトを用いてのテスト通信、ハード面の準備等を進めていくことになります。

最初の実施日5月18日まであまり時間的猶予はありませんので、スライド作成を含め、各人が担当箇所の準備を漏れなく進めていくつもりでおります。

いよいよ、今年度も「いのちの授業~がんを通して」がスタートいたしますので、皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。

なお、授業見学をご希望の方は、事務局川口 利までご一報くださいますと幸いでございます。

メールアドレスが変更となっておりますので、以下に記載させていただきます。
satoshi.kawaguchi@lohasmedia.co.jp
または
satoshi.kawaguchi0123@gmail.com
となっております。

今年度もよろしくお願い申し上げます。

loading ...
月別インデックス
サイト内検索