文字の大きさ

過去記事検索

情報はすべてロハス・メディカル本誌発行時点のものを掲載しております。
特に監修者の肩書などは、変わっている可能性があります。

壊れて分かるありがたさ 慢性腎臓病、腎不全

早めのケアが大切です。

 腎臓のありがたみと壊れた時の恐ろしさ、分かっていただけたと思います。
 腎臓は黙って耐える臓器なので、きちんと気遣ってあげないと、いつの間にか壊れていたということになりかねません。今日からぜひ腎臓をいたわってあげてください。
 理屈としては何も難しいことはありません。実行できるかどうかは別にして、要するに生活習慣病予防と同じことを心がければよいだけです。
 毎度おなじみの、適度な運動、適量のバランス良い食事、禁煙が三本柱になるでしょうか。
 また、前述しましたが、家庭血圧の測定・記録なども自己管理の大切な部分になるでしょう。
 既に腎臓が壊れかけの方、既に透析へ進んでいる方に関しても、基本はまったく同じ、自己管理が重要です。かつ、自覚症状では状態が分からないこともあり、状態に応じた自己管理と治療を行っていくため、定期的に通院して、医師のアドバイスと状態に応じた投薬を受けていくことが大切です。


  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
掲載号別アーカイブ