2008年03月のアーカイブ

<<2008年02月  |   2008年04月>>

2008年03月31日

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2008年03月31日 12:31

東京は久々に冷え込んで雨も降り続けている。
月末の雨は憂鬱だ。

続きを読む>>

2008年03月30日

チーム・バチスタの栄光

投稿者: 真木魔愛 | 投稿日時: 2008年03月30日 23:21

原作があまりに面白すぎて、映画はなんとなく拍子抜けの感がありました。

ヘリコプターで病院に搬送された外国人男児を、ストレッチャーで運ぶ医師役に、
原作者の海堂尊氏が出演されていました。
(たぶん間違いないと思います、違っていたらスミマセン)

事前に出演されることを知っていたわけではなく、
日経メディカルブログのお写真で、僅かに拝顔させていただいただけです。

ほんの一瞬なのに、このシーン、目に飛び込んできて、やけに頭に焼き付いています。

続きを読む>>

朝日新聞は対応しないつもりだろうか

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2008年03月30日 21:49

乳癌検診受診を啓発するピンクリボンキャンペーンというのがある。
私のかつての職場である朝日新聞社が事務局をやっている。
その事務局員が書いていると思われるブログ
患者さんたちを大変憤らせるエントリーがなされ
この3週間ほどプチ炎上状態になっている。

続きを読む>>

2008年03月29日

ピンクのチューリップ

投稿者: 真木魔愛 | 投稿日時: 2008年03月29日 19:07

一週間前、トントンが通う塾の社長にお手紙を書きました。

A4一枚の内容は、
半年前から善後策を講じてほしいと教室担当責任者にお願いしているのに、
授業中に講師が外線電話に何度も対応することへの苦言です。
また、いわゆる有名中学への進学実績ばかりを、生徒にたたみかけることにも触れました。

続きを読む>>

数を見せるしかない

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2008年03月29日 13:26

3エントリー連続で書いてきた議連の話。
もうご存じの方もいるだろうが
4月12日夜に日比谷公会堂で『真の公聴会』というものをやるそうだ。
何はおいても行くべきだ、と思う。
ご案内はこちらから。

続きを読む>>

2008年03月28日

浅知恵(1)

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2008年03月28日 19:36

またしても議連会合の話なんであるが
こんなやりとりがあった。

続きを読む>>

舐められたものだ

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2008年03月28日 17:23

昨日お伝えした議連の会合。
こういうやりとりがあったのだが

続きを読む>>

12歳とパスポート

投稿者: 真木魔愛 | 投稿日時: 2008年03月28日 00:25

来月、トントンのパスポートの期限が切れます。
当分必要もなさそうなので、暫くほっておくつもりでした。

でも円高のあおりで、ついついよこしまな誘惑が頭をよぎり

ねっ、もし急にアメリカに行きたくなっても、トントンのパスポートないと困るし、、、

などと自分を納得させ、

早速申請手続きをチェックしたら、

続きを読む>>

2008年03月27日

議連第3回会合

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2008年03月27日 15:25

前回6日の第2回会合はロハスTSと重なってしまったため久々のご報告になる。
一般紙では全然報じられないと思うので、丁寧にお伝えすることにしよう。

続きを読む>>

MN43 いのちの授業

投稿者: | 投稿日時: 2008年03月27日 01:47

僕の主催している患者会「ももの木」では「いのちの授業」を行っています。これは、患者さんが小学校の授業に講師として登場します。
担当の井上さんが「いのちの授業」に関して、光村図書出版で紙面対談をしているので、ご覧ください。
http://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyoka_info/doutoku/

そして、今日は、伊藤塾という東京の小学校の先生の勉強会にお邪魔しました。

080326_伊藤塾.jpg

続きを読む>>

2008年03月26日

骨髄バンクの大谷貴子さん

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2008年03月26日 12:12

本日、午後9時からテレビ東京系列で
日本に骨髄バンクを作るため奔走した大谷貴子さんの
ドラマが放映されるそうです。
ロハス・メディカルに連載いただいていた中村恵美子さんのようにバンクで命を救われた人
そして現在闘病している人の顔を思い浮かべると他人事とは思えません。
どうぞご覧ください。

2008年03月25日

産科調査

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2008年03月25日 18:17

夕刊各紙とも大きく扱っているお産施設減少の話
1月には分かっていたのに、なんで発表がこの時期になってしまったのだろう。
たぶん少しでも取り繕う時間が欲しかったんだろうね。
それと何で夕刊帯発表なんだろう。
夕刊読んでいる人なんてほとんどいないのに。


示し合わせたのか、それとも状況がより深刻なことを分かってもらうためか
産科婦人科学会も発表をしている。
毎日新聞によれば学会の人は
「対応可能とは到底考えられない数に達しており、地域産科医療の維持は極めて困難な状況」
と言ったらしいのだが、そういうニュアンスが伝わる記事はとても少ない。


大崩壊寸前まで来ていて
もはや国民全体で何とかするしか手はないのに
なお情報統制して済ませようとする頭の中を覗いてみたい。

1|  2 |  3 |  4 |  5 | All pages
 
 

コメント