2011年08月のアーカイブ

<<2011年07月  |   2011年09月>>

2011年08月31日

東日本大震災と東北大学医学部定員増計画 コメント欄

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2011年08月31日 00:37

 「東北地方には以前から医師不足・医療過疎地域が多く存在していた。東日本大震災によってそれが加速している」との声がある。(新井裕充)

 続きはこちら

2011年08月30日

福島医大型地域医療支援システム コメント欄

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2011年08月30日 00:15

 「福島県は戊辰戦争以来、非常に広い地域、文化の違う地域が集まっているので、地域差が非常に極端に出る」─。医師確保のため、地域住民、自治体、大学の三者がいかに連携するか。(新井裕充)

 続きはこちら

2011年08月29日

「医薬品マネジメント講座 2011」のお知らせ

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2011年08月29日 12:14

 国際医療福祉大学大学院の乃木坂スクールで9月22日から開講される「医薬品マネジメント講座」のご案内を頂きました。

続きを読む>>

2011年08月28日

医師不足に関する見解 コメント欄

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2011年08月28日 23:35

 「戊辰戦争で負けた地域が極度の医師不足に陥っている」─。医師の偏在は医育機関の偏在と関連しており、医育機関の配置は近代日本の歴史を反映しているとの見方もある。(新井裕充)

 続きはこちら

地域完結型医療の実現を目指して コメント欄

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2011年08月28日 02:37

 医療連携が進んでいる地域にはどのような特性があるか。(新井裕充)

 続きはこちら

2011年08月27日

青森県下北圏域における地域医療に関する取り組み コメント欄

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2011年08月27日 00:26

 本州最北端の地、青森県下北地域の医療体制はどうか。県の関与は成功しているか。(新井裕充)

 続きはこちら

2011年08月25日

地域医療連携体制構築に関する保健所の関与 ~ 山口県 ~ コメント欄

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2011年08月25日 23:41

 地域の実情を踏まえた医療提供体制を構築できるか。医療連携において保健所はどのような役割を果たすか。(新井裕充)

 続きはこちら

へき地で働く医師の背景と思い コメント欄

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2011年08月25日 04:23

 へき地医師が重視している事柄のトップは「行政の姿勢」で、満足していない事柄も同様であるとの調査結果もある。(新井裕充)

 続きはこちら

2011年08月24日

自治体病院より見た医師不足の要因と対策 コメント欄

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2011年08月24日 01:50

 医師偏在の理由について、いくつかの考え方がある。へき地や離島を抱える長崎県の病院企業団はどう見ているか。(新井裕充)

 続きはこちら

2011年08月23日

保健医療計画の策定について ~ 青森県 ~ コメント欄

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2011年08月23日 01:37

 国が定める基本方針などに対し、「できるだけ都道府県が自分の実情に応じて決定する仕組みとすべきではないか」との声もある。(新井裕充)

 続きはこちら

2011年08月22日

医療システムと必要医師数 コメント欄

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2011年08月22日 01:27

 千葉大学医学部附属病院長は、「必要医師数は医療システムや目指す医療レベルによって当然変わってくる」と指摘する。(新井裕充)

 続きはこちら

2011年08月21日

医療計画への取り組み ~ 千葉県の事例 ~ コメント欄

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2011年08月21日 14:21

 東京に隣接する千葉県の状況はどうか。(新井裕充)

 続きはこちら

1|  2 | All pages
 
 

コメント