2013年06月のアーカイブ

<<2013年04月  |   2013年07月>>

2013年06月08日

国立がん研究センター 患者・家族との意見交換会 傍聴記 その5

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2013年06月08日 17:48

5月30日に国立がん研究センターが開いた「患者・家族との意見交換会」についてのご報告、最終回。長くなりますが、最後までアップしてみます。「今後のがん研究のあり方に関する有識者会議」への意見が中心ですが、実際、次回(今月11日)の会議でこの議論がどれくらい活かされるのでしょうか・・・。

続きを読む>>

2013年06月07日

国立がん研究センター 患者・家族との意見交換会 傍聴記 その4

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2013年06月07日 18:59

厚労省「今後のがん研究のあり方に関する有識者会議 報告書(素案)」について、国立がん研究センターが5月30日に開催した「患者・家族との意見交換会」のご報告の続きです。


今回取り上げる議論では、報告書素案にどんなことを盛り込んでいくべきか、改善案が患者・家族側から出されます。今回もできるだけ内容を漏らさずアップしてみたいと思います。

続きを読む>>

2013年06月05日

国立がん研究センター 患者・家族との意見交換会 傍聴記 その3

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2013年06月05日 12:10

引き続き、厚労省「今後のがん研究のあり方に関する有識者会議 報告書(素案)」について、国立がん研究センターが開催した「患者・家族との意見交換会」(5月30日)のご報告。

報告書素案に対する率直な感想や見解が、患者・家族側メンバーそれぞれの立場から語られます。


総じて“有識者”の方々が示した内容より、患者側(ひいては一般の人)の要求のほうがずっと現実的で具体的でした。両者の溝は性質上、埋まらない部分もあるのかもしれませんが、だからといって歩み寄らなければ、結局はお互いにとって不利益が生じますよね。こういう意見、本来は国立がん研究センター主催の会合でなく、さらに公共性の高い場で示されるべきなんだろうなあと感じつつ、耳を傾けていました。

続きを読む>>

2013年06月03日

国立がん研究センター 患者・家族との意見交換会 傍聴記 その2

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2013年06月03日 07:59

引き続き、5月30日に国立がん研究センターが開いた、厚労省「今後のがん研究のあり方に関する有識者会議 報告書(素案)」についての「患者・家族との意見交換会」についてのご報告です。当初はごくごく概略だけ、と思っていたのですが、患者・家族側の声がこれだけまとまって出されることはなかなかないので、できるだけ漏らさず書き留めていくことにしました・・・。

続きを読む>>

2013年06月01日

国立がん研究センター 患者・家族との意見交換会 傍聴記 その0~1

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2013年06月01日 17:40

去る5月30日、国立がん研究センターが開催した「患者家族との意見交換会」を傍聴してきました。


広報からのプレスリリースには、次のようにありました。

今回の意見交換会は、本年 4 月から平成 24 年 6 月に閣議決定された「がん対策推進基本計画」の記載に基づき厚生労働、文部科学、経済産業の 3 省により研究の今後のあるべき方向性と具体的な研究事項等を総合的に検討する場として開催されている「今後のがん研究のあり方に関する有識者会議」での議論に対するご意見を伺うことを中心に開催いたします。


結論から言うと、患者会のそうそうたる面々のパワーと、それを産み出さざるを得ない深刻な問題意識を目の当たりにした会でした。何回かに分けて書き留めていきたいと思います。

続きを読む>>