堀米香奈子のカタい話もやわらかく

マグネシウムは抗ストレス・ミネラル

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2017年03月16日 00:07

「ロハス・メディカル」2017年1月号の「血管を守る」特集⑨では、マグネシウム(Mg)を積極的に摂取する必要性を取り上げました。血管石灰化を防いで心疾患を遠ざけ、インスリン抵抗性を改善して2型糖尿病の発症を低下させる、というものです。でも、それだけじゃないんです。


続きを読む>>

酵素サプリ 有効性も安全性も不明なのになぜ?

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2017年03月01日 17:51

「酵素」を売りにした栄養補助食品を、「要らない」と知人が言うので、もらってみました。近頃ドラッグストアの健康食品売場では、必ずと言っていいほど「酵素」の文字が躍っていますが、個人的には当初から「怪しい」と手を出さずにきました。が、これを機にちょっと興味が湧き、調べてみると、やはり「酵素」については、有効性だけでなく安全性も確かとは言えないようです。それなのになぜこんなに流行っているんでしょうか?

続きを読む>>

身長を伸ばすサプリで成長ホルモンは出るのか

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2017年02月15日 13:02

成長ホルモンの不足が老化を早めることから、前回は、成長ホルモンの分泌を促す食事として、亜鉛が有効そうだという話をしました。今回はもう一つ、内分泌科の医師に教わったアルギニンについて考えていきます。アルギニンは、低身長の子を持つお母さんたちの間では、「身長を伸ばすサプリ」としてちょっとした話題です。


続きを読む>>

若さを保つには亜鉛!

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2017年02月01日 16:22

前々回、「夜遅くに食べない方がいいもう一つの理由」として、成長ホルモンの減少が老化を早めること、分泌には速やかに深い眠りに入るのが大事なこと、その際に空腹であるべきことをお伝えしました。今回と次回で、成長ホルモンの分泌を促す食事として、亜鉛とアルギニンの可能性について考えます。

続きを読む>>

半身浴でヒートショックを防げるのか

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2017年01月15日 13:53

冬になると、お風呂場での高齢者の死亡事故が話題に上ります。日本家屋はリビングなど普段過ごすスペースと脱衣所・風呂場との温度差が激しく、脱衣~入浴~お風呂上りに血圧の激しい上下が起きるためです。心臓への負担を減らす入浴法として半身浴がよいとされますが、本当でしょうか?

続きを読む>>

夜遅くに食べない方がいいもう一つの理由

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2017年01月01日 00:00

あけましておめでとうございます。年末年始で連日楽しい宴会が続いているかと思いますが、そんな時期に一つ耳の痛い(?)情報を・・・。

夜遅くに食べると太る、というのは多くの方がどこかで聞いて知っていますよね。『ロハス・メディカル』2015年6月号の「それって本当?」のコラムでも、体内時計(時計遺伝子)の働きで、夜食べると太りやすいことをご紹介しています。でも、太るだけでなく、夜寝る直前に食べると老化を早める原因にもなるようなのです。カギを握るのは、成長ホルモンです。


続きを読む>>

今すぐ始められない花粉症対策 

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2016年12月16日 23:54

早い人では、年明け早々に症状が出始めるスギ花粉症。

『ロハス・メディカル』12月号の「新・大人が受けたい 今どきの保健理科」では、「免疫を慣らすと 花粉症は治せる」と題して、スギ花粉症の根治治療が望める舌下免疫療法lをご紹介しています。長男にさっそく試したいと思ったのですが、ダメでした。ショック・・・。

そこで今回はスギ花粉症の舌下免疫療法についての追加情報と、ついでに「無花粉スギどうなってるんだ」という話です。

続きを読む>>

リン酸探検隊こぼれ話 ~「3分の1ルール」と食品ロスと賞味期限

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2016年12月01日 13:35

ロハス・メディカル2016年11月号の「リン酸探検隊」では、清涼飲料水を調査し、リン酸がしばしば「酸味料」として使用されていることをお伝えしました。酸度を高めて保存性を増す効果が得られますが、もともと酸性がより強いのはずの炭酸飲料にも、なぜかたいてい入っています。疑問を追求するうちに、業界の「3分の1ルール」と食品ロス、そして賞味期限の問題と、課題が芋づる式に見えてきました。

続きを読む>>

全国登録で遺伝性乳がん卵巣がんの実態把握へ

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2014年12月25日 07:57

平成26年12月20日(日)、がん研究会で「遺伝性乳がん卵巣がん-遺伝子情報をがんの診療に活用する-」と題したセミナーが開かれました。日本では毎年数千人が遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)を発症すると推計されますが、国内データ不足と診療体制の未整備とが悪循環に陥っています。実態把握と診療体制の整備をめざした研究が、今年度から始まっています。

続きを読む>>

国立がん研究センター 患者・家族との意見交換会 傍聴記 その5

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2013年06月08日 17:48

5月30日に国立がん研究センターが開いた「患者・家族との意見交換会」についてのご報告、最終回。長くなりますが、最後までアップしてみます。「今後のがん研究のあり方に関する有識者会議」への意見が中心ですが、実際、次回(今月11日)の会議でこの議論がどれくらい活かされるのでしょうか・・・。

続きを読む>>

1|  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16 |  17 |  18 |  19 |  20 |  21 |  22 |  23 |  24 | All pages