文字の大きさ

過去記事検索

情報はすべてロハス・メディカル本誌発行時点のものを掲載しております。
特に監修者の肩書などは、変わっている可能性があります。

こころの風邪、うつを生きる。

7-1-1.JPG春です。
自身やご家族が新生活を始めて、生活環境が大きく変わる方も多いことでしょう。
こんな時に要注意なのが、理由もなく憂鬱になってしまう「うつ」です。

監修/加藤進昌 東京大学教授
    久保千春 九州大学大学院教授

 春だというのに、やる気が出ない。おまけに眠れない。何だかダルくて、毎日が憂鬱に過ぎていく。
 おかしいですね。ひょっとして「こころに風邪をひいた」のではないですか? ちょっと次ページのシートを使って自己チェックしてみてください。
 スコアが16以下だった方、とりあえず良かったですね。でも、明日はわが身かもしれませんよ。とりあえず読んで心の準備をしてみませんか。スコアが17以上だった方、あなたが憂鬱なのは、あなたのせいじゃなかったんです。原因が分かって良かったですね。なるべく急いで専門家の助けをもらいましょう。
 今回は「こころの風邪」と呼ばれるほど誰もがかかる可能性があり、しかも治療しないと非常につらい「うつ」について、説明していきます。

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
掲載号別アーカイブ