文字の大きさ

過去記事検索

情報はすべてロハス・メディカル本誌発行時点のものを掲載しております。
特に監修者の肩書などは、変わっている可能性があります。

味噌汁は高血圧に悪いの? ~健康情報しらべ隊②

コラム ディオバン事件その悪質さ

 食塩感受性の高血圧では、腎臓でナトリウム(塩分)の排泄を促進し、尿の量を増やす利尿薬が有効です。一方、食塩非感受性の高血圧では、腎臓の働きは正常なので利尿薬では充分な効果を得られず、別のタイプの降圧薬も数多く開発されてきました。ただ、食塩感受性のことが分かってきてみると、心血管疾患リスクのさほど高くない非感受性の高血圧の人まで、躍起になって血圧を下げる必要があるのか疑問も出てきます。

 「バルサルタン」(商品名・ディオバン)もそうした薬の1つですが、心血管疾患リスク低下を示すよう医師主導臨床試験データを改ざんして論文発表され、医師向けに宣伝された結果、年間売上が1000億円超の大ヒットに。しかし、その社会的コストに見合った効果が本当にあったのでしょうか。

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
掲載号別アーカイブ