文字の大きさ

過去記事検索

情報はすべてロハス・メディカル本誌発行時点のものを掲載しております。
特に監修者の肩書などは、変わっている可能性があります。

気づいていますか? 老人性難聴

19-1-1.JPG年齢を重ねれば耳が遠くなるのはいたしかたないこと。
でも、聞こえの低下は意外と早くから始まっているとか。
このへんで耳について、もう少しよく知っておきませんか?

監修/加我君孝 東京大学教授
    高橋 姿 新潟大学教授

 最近どうも聞こえづらい、歳のせいかな、そんなふうに感じることがある方、皆さんの中にもいらっしゃるでしょうか。もしかしたら、「自分はまだ大丈夫」、そう考えている方のほうが多いかもしれません。
 けれども、人間の聴力は実は18歳をピークに、徐々に衰えていくのをご存じですか?特に50代以降、加齢にともなう聞こえの低下は、自覚のないままに進んでいきます。本人よりも周りの人のほうが先に「おかしいな?」と思い始めるのも、よくある話なのだそうです。
 友人との楽しいおしゃべりや家族との円滑なコミュニケーションは、心豊かな毎日の生活に欠かせないもの。そこでは「聞こえ」が重要な要素です。自分のため、家族のため、友人のために、耳と聞こえについて理解を深めてはいかがでしょう。

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
掲載号別アーカイブ