お知らせ

泡と消えた局長のこだわり

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2016年12月13日 00:00

別のネタを2日挟んだが、元に戻って新専門医制度の話の続き。


当初は、医師の偏在対策がメインの目的だったはずなのに、いつの間にか話が変わったという件。

続きを読む>>

HPVワクチン、勧奨再開に追い風か?

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2016年12月12日 15:27

議員の発議によるがん対策基本法改正案が先週成立したことは、皆さんもご存じと思う。だが、どこがどう改正されたか、ご存じだろうか。


国会のサイトに法案が出ている。注意深く読んでいくと、おや? と思う条文が入っている。

続きを読む>>

東千葉メディカルセンターをめぐる医療講演会

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2016年12月11日 08:49

亀田言論弾圧事件の端緒になったのでないかと見られる東千葉メディカルセンターの問題について、渦中の小松秀樹医師が講演するそうです。見逃せません。

続きを読む>>

誰も削除しろと言ってない

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2016年12月10日 00:00

昨日からの続き。


中間まとめにあった第三者機関に対する「学会から独立した中立的な」の枕詞が、報告書で消えてしまったのは、なぜなのか。

続きを読む>>

報告書から消えた「学会から独立した中立的な」の文字

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2016年12月09日 00:00

昨日からの続き。


新専門医制度発足にお墨付きを与えた『専門医の在り方に関する検討会』が、当初は医師の偏在緩和を主たる目的として開催されていながら、新専門医制度ではむしろ医師を偏在させるという批判が強く導入延期となった、どこで話がおかしくなってしまったのか、という件。

続きを読む>>

目的は医師の偏在是正だったらしい

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2016年12月08日 00:00

昨日からの続き。


専門医の在り方に関する検討会』の議事録を読んでいるのだが、量が多くて頭が混乱してきたので、もう一度最初から読み返してみた。


と、真っ先に注目すべき点を見落としていたことに気づいた。

続きを読む>>

新専門医の目的は何?

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2016年12月07日 00:00

「この役に立たない可能性の結構高いような専門医を、多大なコストをかけて、しかも不充分な、今後デメリットの大きい方法で認定するメリットが本当にどこにあるんでしょうか。それを超えるメリットを私に教えてください」


現場からの医療改革推進協議会 第11回シンポジウムから印象に残った話を書くシリーズの2回目。今回は、最後から2番目のセッション『専門医制度』から。


冒頭に紹介したのは、トップバッターだった南相馬市立総合病院麻酔科の森田麻里子医師の結語だ。

続きを読む>>

昔帝国陸軍、今医学部

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2016年12月06日 00:00

ちょっと間が空いてしまったのだが、今回からしばらく、11月26・27日に開かれた『現場からの医療改革推進協議会 第11回シンポジウム』から印象に残った話を紹介していきたい。


今回のタイトルは、最終セッションの『医学部、受験エリートとテロリズム』で登壇者の倉石寛・立命館稲盛経営哲学研究センター副センター長が手書きで出したフリップから拝借した。


そのココロは、秀才を集めた組織だけれど、純粋培養ゆえの視野の狭さで国を滅ぼしかねない、ということのようだ。


昨今は受験生の人気が医学部に集中しているらしい。やりたいことがあって選ぶなら結構なことだが、将来が安泰だと思って選んでいるのだとしたら、社会状況を全く見ていないとしか評しようがないと考えているので、わずかな文字数で、その辺りの異常さを切り取って分かりやすく見せてくれたことに驚嘆した。

続きを読む>>

高岡氏が亀田氏にメールしたのも事実~亀田言論弾圧事件 第一回口頭弁論⑤

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2016年12月05日 00:00

昨日からの続き。


訴状の記述で、高岡氏の行為が、日付はもちろん分単位の時間まで特定されていたこと、お気づきになっただろうか。それもそのはず、どうやら証拠書類としてメールが提出されているらしい。そして、そのメールが本物であることは高岡氏が答弁書で認めている。

続きを読む>>

告発文が厚労省から流出したのは事実~亀田言論弾圧事件 第一回口頭弁論④

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2016年12月04日 00:00

さて、訴状と答弁書という1回目のやりとりを紹介してきたわけだが、もう一人の被告である高岡志帆・千葉県医療整備課長に関してもいくつもの面白いことが分かった。


以下、訴状と答弁書の記述を抜き書きする。

続きを読む>>

 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 | 16|  17 |  18 |  19 |  20 |  21 |  22 |  23 | All pages