2007年09月のアーカイブ

<<2007年08月  |   2007年10月>>

2007年09月30日

一致

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2007年09月30日 00:09

ロハス・メディカルは基幹病院に配置しています。
基幹ゆえ配置場所として安定していると思ったのですが
配置場所の一つである
東十条病院が休診するというニュースが飛び込んできました。

続きを読む>>

2007年09月29日

福島県立大野病院事件第八回公判

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2007年09月29日 08:29

大変お待たせしました。
またしても証人1人なのに午後7時半までのロングラン。
証人は弁護側が病理鑑定を依頼した
中山雅弘・大阪府立母子保健総合医療センター病理科部長。


ただでさえ素人には病理の話が難しいうえ
検察側病理鑑定者の証人尋問の際
傍聴を半分しかしてないため
ハッキリ言ってチンプンカンプンだった。
いずれ周産期医療の崩壊をくいとめる会サイトに
精密な尋問録が載るはずだが
それまでのツナギとして、できる限りの報告をしてみたい。

続きを読む>>

2007年09月28日

福島県立大野病院事件第8回公判(0)

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2007年09月28日 09:24

行楽日和。
最近デスクワークが多く運動不足なのと
途中で記録用ボールペン
(ゼブラのサラサ。
 これでないと肩が凝って最後までもたない。
 私の調べでは7イレブンには必ずある)
を買いたかったのとで
駅から裁判所まで歩いてみる。

本日の傍聴希望者は87人。
傍聴券は27枚。
そろそろ当たっても良いはずだが
また外れた。
でも、今回も分けてもらえたので
後ほどご報告します。

2007年09月27日

宮崎方式

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2007年09月27日 13:11

昨晩、宮崎大学産婦人科の池ノ上克教授を講師とする
メディアセミナーがあり聴講してきた。


池ノ上教授は、県内の周産期死亡率を劇的に低下させた
「宮崎方式」の構築者として非常に高名であり
産科崩壊への処方箋が聴けるのでないかとの期待感からか
大手マスコミの記者が大勢来ていた。

続きを読む>>

2007年09月26日

いのち輝かそう大賞

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2007年09月26日 00:16

ガンや難病にまつわる体験談を募集する標題大賞。
昨日が第2回の応募締め切りでした。
作品集出版の都合もあるので主催者に問い合わせたところ
昨年同様
体調が許さず、締め切りに間に合わないとの声が
数多く寄せられているそうで
締め切り後に到着した分も当分は受け付けるとのことです。


もし書きかけの方がいらっしゃいましたら
もうひと踏ん張りしてみては、いかがでしょうか。
出版はもちろん
ひょっとすると
奥田瑛二さんに作品を朗読してもらえるかもしれません。

続きを読む>>

2007年09月25日

郵政民営化と荷札

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2007年09月25日 12:03

来週から民営郵便局が始まりますね。
到着確認や代金引換が便利なので
弊社では郵パックを頻繁に使います。
その代金引換の荷札が新しいものに代わって
これまでのものは使えなくなるそうです。

続きを読む>>

2007年09月24日

9・19中医協傍聴記3

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2007年09月24日 12:14

最後は薬価専門部会である。

続きを読む>>

2007年09月23日

トラブルのお知らせ

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2007年09月23日 23:58

何度も申し訳ありません。
コメントが公開されないトラブルが発生しております。
復旧まで少々お待ちください。

2007年09月21日

9・19中医協傍聴記2

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2007年09月21日 13:44

続いて保険医療材料専門部会である。

続きを読む>>

2007年09月20日

9・19中医協傍聴記1

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2007年09月20日 14:44

昨日、初めて傍聴して参りました。
場所は厚生労働省内の会議室。
傍聴席は、「常連」の方が「エコノミー座席」と表現するくらい
ぎっしりと詰まっていてメモを取るのも大変な感じでした。


初めての傍聴なので肝どころが分からず
どの程度有効なご報告ができるか分かりませんが
面白いと思ったことをいくつか書きます。

続きを読む>>

2007年09月19日

亀田病院へ

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2007年09月19日 23:00

本日は午前中、前回傍聴に失敗した中医協を傍聴した後
東京駅前から高速バスに乗って
千葉県鴨川市の亀田総合病院へお邪魔してきました。
中医協の報告は明日します。
亀田病院まで何をしに行ったかは、いずれ分かります。

続きを読む>>

一病~リウマチ~息災徒然ノート30

投稿者: 真木魔愛 | 投稿日時: 2007年09月19日 21:50

生物学的製剤の登場4

** 最終回 **

生きていて良かったと何度も思えた夢のお薬、
生物学的製剤エンブレルですが、
副作用や、いつか効かなくなる不安や、
いつまで注射を打ち続けるのか
経済的な心配もあります。

でも、たとえリウマチが完治しなくても、
病気を忘れる時間は、
人生の質を高め、

そして、近い将来、

リウマチは治る時代になる

と確信します。

続きを読む>>

1|  2 |  3 |  4 | All pages
 
 

コメント