2009年09月のアーカイブ

<<2009年08月  |   2009年10月>>

2009年09月30日

がん検診無料クーポン

投稿者: 真木魔愛 | 投稿日時: 2009年09月30日 22:49

市から
女性特有のがん検診(乳がん検診)
無料クーポン券が届きました。

続きを読む>>

「中医協改革」に抵抗? 改定の主戦場を移すか コメント欄

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2009年09月30日 18:55

 診療報酬の決定プロセスを見直す「中医協改革」が叫ばれる中、厚生労働省と支払側、診療側、公益委員らが「診療報酬だけでは無理だ」という大合唱を繰り広げて団結した。改定の主戦場を厚労省の「社会保障審議会」に移し、中医協をその「下部組織」に位置付けて骨抜きにするというシナリオが見える。(新井裕充)
 
 続きはこちら

迫ってきたインフルと、さらなる気がかり。

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2009年09月30日 01:38

今日、ついに我が息子の保育園からも、A型インフルエンザの患者が出たというお知らせがありました。ワクチンの接種開始が10月中旬に早まる見込みという報道もあった矢先なので、「ああ、やっぱり間に合わないかな」とつい思ってしまいました・・・。


それに加え、気になる話をもうひとつ、耳にしました。本格的に大流行となったときに、きちんと治療が受けられるのかなあ、と思ってしまうようなことです。

続きを読む>>

2009年09月29日

爪をいたわる

投稿者: 真木魔愛 | 投稿日時: 2009年09月29日 23:29

夏の間、
ジェルネイルで気分ワクワクだったのですが、
カラーをチェンジして数週間経った今月初旬、
パリパリと剥がれ始め、
お風呂上りにアイロンかけをして、
洗濯物をタンスにしまおうと引き出しを開けたとき、


ベリッ


と右親指の爪が剥がれました。

続きを読む>>

医師とメーカーの直接的な関わりを完全排除 ─ DPCヒアリング コメント欄

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2009年09月29日 16:44

 「医師個人とメーカーの直接的な関わりを完全に排除」という方針を厚生労働省は気に入ったらしい。後発品の使用割合が61.4%という"優秀な成績"を収めた病院が中医協分科会のDPCヒアリングに招かれ、取り組みを紹介。「MRと医師の癒着は結構、強い」と述べると、厚労省の担当者は笑みを浮かべた。(新井裕充)

 続きはこちら

2009年09月28日

がん医療-日本の危機-

投稿者: 真木魔愛 | 投稿日時: 2009年09月28日 17:32

更新せぬまま9月が終わろうとしています。

26日の土曜日、筑波大学附属病院総合がん診療センター主催の
公開シンポジウム「がん医療 -日本の危機-」に出向きました。

定員100名のうち、医療従事者や関係者を除くと
7割以上が、がん患者さんでした。

日経メディカルオンラインブログ
「勤務医よ、闘え!」の本田宏先生のご講演は、
2時間で話される内容を45分に凝縮されたので、
あっという間でした。

もっとじっくり拝聴したかったです。

続きを読む>>

「民主党に依存しては駄目」 ─ 社会保障基本法シンポ コメント欄

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2009年09月28日 16:07

 政権交代後、共産系の団体は何をどう主張していくのか─。社会保障費の抑制から充実への転換が叫ばれる中、生存権を保障した憲法25条を具体化する「社会保障基本法」の実現を目指そうと、京都府保険医協会(関浩理事長)は9月27日、東京都内で「貧困をなくし社会保障を守る『基本法』を考える」と題するシンポジウムを開催した。(新井裕充)

 続きはこちら

鬼の居ぬ間に洗濯 「医療事故を調査・評価する新たな仕組み」

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2009年09月28日 10:21

 厚生労働省関東信越厚生局は10月25日、埼玉県川口市で「医療事故を調査・評価する新たな仕組みについて~安心・信頼しあう医療を求めて~」と題するシンポジウムを開催するようです。
 詳しくは、厚労省のホームページを参照。
http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/gyomu/gyomu/iryoanzen/symposium_2009.html

続きを読む>>

ワクチンは本当のところどれくらい作れるの?

投稿者: 堀米香奈子 | 投稿日時: 2009年09月28日 00:54

新型インフルエンザのワクチン確保について、聞き捨てならない「?」な話を耳にしました。というのは先週末、こんな報道があったのですが・・・。


●新型インフルエンザ:ワクチン7700万人分確保へ 総額1400億円
(毎日新聞 2009年9月26日)


読んでみると、確かにこの中の一節に、よくわからない部分があります。確保できるワクチンの量に関してなのですが・・・。

続きを読む>>

2009年09月27日

医療構想・千葉が2回目のシンポジウム

投稿者: 川口恭 | 投稿日時: 2009年09月27日 17:22

 6月に発足した『医療構想・千葉』が10月25日の日曜日に2回目のシンポジウムを開くそうです。厚生労働政務官に就任した元外科医の足立信也参院議員も参加するとのことで、その考えを直に聴くチャンスになると思います。ふるってご参加ください。

 申し込み方法などプログラムの詳細はこちら

「それぞれの病院の志だろう」 ─ ケアミックス病院がやり玉に コメント欄

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2009年09月27日 03:36

 「それをやるかやらないかは、それぞれの病院の志だろう」─。医師や看護師不足が深刻化する地域で、「施設完結型」の高齢者医療に取り組む民間病院がやり玉に挙げられた。急性期と回復期の病棟を往復する「再転棟」の割合が全体に比べて高い青森慈恵会病院を、中医協分科会の委員は「非常に目まぐるしいピンポンのようなやり取り」などと酷評した。(新井裕充)

続きはこちら

2009年09月25日

「守られないようであれば、DPCを返上」 ─ 2日目のDPCヒアリング コメント欄

投稿者: 新井裕充 | 投稿日時: 2009年09月25日 18:04

 厚生労働省の役人にぶら下がる医療者が臨床現場の医師らを叩く「DPCヒアリング」の2日目が行われた。「大変ご迷惑をお掛けした」「私の管理不行き届きで、深くお詫びを申し上げたい」─。ヒアリングに呼ばれた院長らが低姿勢で謝罪したが、「きちんと守られないようであれば、DPCを返上していただかざるを得ない」と、委員が語気を強めた。(新井裕充)

 続きはこちら

1|  2 |  3 |  4 |  5 |  6 | All pages