文字の大きさ

過去記事検索:2014年分までの記事を検索できます

情報はすべてロハス・メディカル本誌発行時点のものを掲載しております。
特に監修者の肩書などは、変わっている可能性があります。

本人の同意なしに患者情報を知らせるのか?

 多くの国民から不安視されながら昨年12月6日に強行採決で成立した特定秘密保護法。色々と心配なことはあるにしても医療と関係する話ではない、と思っている方も多いかもしれません。しかし、施行されれば極めて深刻な問題をひき起こす可能性があります。

100-1-1.png 糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病は、体の中で何が起きているのか、どうしてそうなるのか、絵で見て理解しましょう。
監修/小田原雅人 東京医科大学主任教授

(図表類は、クリックしていただくと、鮮明なものが出てきます)

100-3-1.png 前号に続き、国立長寿医療研究センターに最新の知見を教えていただきます。耳慣れない言葉が多発するかもしれませんが、「へぇー」というような話なので、しばしお付き合いください。

200-2-1.png がん細胞そのものでなく、その周りにある分子を狙うアプローチもあります。代表例が、血管新生阻害剤です。

今年も一年、読者の皆様には大変お世話になりました。感謝を申し上げます。私にとって国会議員から一度退くという大きな転機の年になりましたが、もう一つ、忘れられない大きな出来事がありました。私の政策秘書の鈴木明美さんががんで亡くなったことです。

99-1-1.jpg 今月からしばらく、認知症研究で我が国の中心施設と位置づけられている国立長寿医療研究センターの研究成果をご紹介していきます。

99-2-1.jpg がんと闘う手段を新しく手にするためには、がん細胞の生体内での振る舞いを研究することが欠かせません。ヒトがんを再現した動物モデルが大きな役割を担います。

介護保険について、自己負担の増額や特養入所要件の厳格化など、利用者にとって厳しく聞こえる改革案がニュースになっていますが、私はこのような痛みを強いる改革で制度を延命させるより、原則的には医療保険に一本化すべきだと考えます。

98-1-1.jpg 自分の歯が少ないのに義歯を使っていない人は、認知症を発症するリスクが高くなるようです。

98-2-1.jpg 正常細胞よりがん細胞で過剰発現が見られ、がんの増殖に必須なものも「分子標的」になり得ます。それらを狙った薬剤も次々に実用化されています。「がんだけに存在するもの」に引き続き、がん研有明病院呼吸器内科の西尾誠人部長にうかがいました。

 参院選が終わってから色々考えてきましたが、多くの方のご意見もいただき、できる限り早期の国政復帰をめざすことにしました。それまで大阪大学や日医総研で医療政策等を議論したり、地方に出かけて多くの人たちの話を聴いたりして、政治家としての力を蓄えていきます。

97-1-1.jpg
◆ハート・リング運動 早田事務局長に訊く

 7月末に発足シンポジウムを開いた認知症啓発NPO「ハート・リング運動」。実は私も理事の1人です。どのような経緯で発足し、これからどのようなことをめざしていくのか、早田雅美事務局長に聴きました。(ロハス・メディカル論説委員 熊田梨恵)

97-2-1.jpg 肥満は様々ながん、中でも肝がんの発症率を高めることが知られています。そのメカニズムの一端が明らかになりました。カギは、腸内細菌の変化と細胞老化です。

 民主党が8月、社会保障制度に関する自民、公明両党との3党実務者協議から離脱しました。民主党が与党時代にリードして決めたことなのに、「無責任だ」と思っておられる方も多いでしょう。私の知る範囲で、背景を解説します。

96-2.1.jpg7月26日、認知症について正しく啓発し社会の変革をめざそうとするNPO法人「ハート・リング運動」が、設立記念シンポジウムを開きました。シンポジウムの内容から、皆さんにもお考えいただきたいことを急ぎお知らせします。 

96-1-1.jpg究極の分子標的は、がんだけに見られて正常細胞に見られず、しかもその分子ががんの増殖に関与しているものです。既に三つの標的については、薬も使われています。がん研有明病院呼吸器内科の西尾正人部長にうかがいました。

今回の参院選は、残念な結果に終わりました。ただ、私にとって政治家であり続けることが目的ではありません。自分にとってできるすべてを使って、日本をよくするために、社会保障について発信し続けたいと思っています。

95-1-1.jpgこれまでの記事で、他の病気と同様に認知症でも、早期診断・早期対処が望ましいことを説明してきました。しかし、それを阻む社会の現実があるようです。

95-2-1.jpg細胞のがん化を防いでいる「細胞老化」という現象があります。しかし最近、それが長期的には発がんを促進したり、多くの加齢性疾患を誘導・悪化させたりしていることも分かってきました。

皆さん、携帯電話の仕組み、人に説明できますか? ほとんどの人はできないと思いますけれども、説明できないからといって携帯電話を使わないなんてことないですよね。政治も、携帯電話と同様に皆さんがよりよい社会を生きるため使う道具なので、使わないのは勿体ないです。

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
掲載号別アーカイブ