文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

独自の政策集団立ち上げも―自民党・世耕弘成参院議員

 自民党の世耕弘成参院議員は今後の活動について、「民間の有識者と連携する枠組みをつくり、ディスカッションしてスタンスを決めることをしていきたい」と述べ、独自の政策集団をつくることも視野にあるとした。(熊田梨恵)

 今回の衆院選に関するロハスメディアの取材に答え、「厚労省との付き合いはなくなった」と、自由に議論できるようになったと述べた。今後の政策課題について、「山ほどあるが、医療は何とかしたい。負けた原因には、厚労省に言われるままに医療費を削ってきたこと、開業医の収入で議論をしてきたことがあり、反省すべきと思う。患者サービスについてどのように、どこまで負担してもらうかをゼロベースで議論していかなければいけない」と述べ、「医師」から「医療従事者全体」の視点に変え、「患者」視点の医療政策にしていくことが必要とした。また、社会保障政策はどのように進めても「損をする人と得をする人が出てしまう」として、今後の民主党の課題になっていくとの見通しを示した。

(この記事へのコメントはこちら)

  • タイ王室の高貴なお茶 お求めはHAPPY GRINで
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス