文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

後期高齢者医療制度の廃止、「現場が大混乱する」-自民党・世耕弘成参院議員

 自民党の世耕弘成参院議員(参院議院運営委員会筆頭理事)は25日、長妻昭厚生労働相が後期高齢者医療制度を廃止すると明言していることについて、「現場が大変混乱する。特に収入の低い人への負担が増える」とコメントし、国民の声を聞いた上で国会で追及していくとした。(熊田梨恵)

 後期高齢者医療制度を廃止することで、「収入の低い、特に田舎の人の負担がぐんと増えることになる。我々の計算では、今回(制度を)戻す事によって負担の増える人の方が我々の多いことになっている」と主張。この制度は自民党が高齢化の進行を前提に、財政を安定化させるために制度化したものとした上で、「我々は戻さない方がいいと思っているが、戻した時の混乱に(民主党が)どう対処されるかは注目していきたいと思っている。戻したことによって起こった混乱とか反発の声を受けて、我々は国会で追及していくということになると思う」と述べた。

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
loading ...
月別インデックス