文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

「医療現場の声だけが極端に届いていないと知って」-民主党・鈴木寛参院議員

 民主党の鈴木寛政調副会長は7日、「医療現場の声だけが極端に永田町に届いていないという現状があるのを知って下さい」と述べた。(熊田梨恵)

 民主党の医療政策の形成過程について、ロハスメディアの取材に答えた。"崩壊"の危機に瀕する医療への対策は民主党が取り組む最大のテーマの一つとした上で、新人議員には医療現場を回るよう指示しているとした。ただ、「建設業界や産業界などの方々からはアポを断るぐらい殺到していて、新人議員にもその攻勢がかかっている。現場の医療界も何か手立てを考えていただいた方がより両方にとって望ましい」と述べた。 

 また、「日医と自民党との関係から、伺うことを拒まれている現場もあることを知ってほしい。私も現職参院議員として東京都医師会に伺ったが門前払いされた。茨城県医師会のようであれば議員は選挙前から伺っている」と、議員が実態を知ろうにも拒まれる場合もあるとした。「臨床医や保険医、病院関係者の方々とは連日のようにコミュニケーションしている。一緒に医療をよくしていこうという人たちのもとに足を運び、意見交換していきたい」と述べた。

(この記事へのコメントはこちら)

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス