文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

今の政策は医療現場の「日医→厚労省」ルートの追認の結果

 民主党の鈴木寛政調副会長は7日、医療界に対し、「永田町には日医からの声が医療現場の実態として伝えられ、その結果、医療政策が現場と乖離してきた。これは医療現場が『日医から厚労省』というルートを追認してきたことと思う。なぜ逆行する政策が長期間是正されなかったのか、この際考えていただく機会にしてほしい」と求めた。(熊田梨恵)

 民主党の医療政策形成過程について、ロハスメディアの取材に答えた。「永田町への情報はあまりに偏った、日々患者を診ているとは思えない方からの情報になっていた。医療の現状は医療現場がこの事を追認してきた事の結果。ここが変わらないと元の木阿弥になるという危機への懸念を抱いている」と述べた。

 民主党は政策形成過程が"族議員"によって主導されていた自公政権よりも「より民主的になる」とした上で、「仙谷(由人衆院議員)や私など、一部の議員だけでは決められない。民主党の中のコンセンサスが最終的には大事になる。多くの議員が議論を熟していけるように、地域の実情を地域の議員に的確に伝えていただきたい」と要望した。

(この記事へのコメントはこちら)

  • ロハスな商品を厳選してお届け! HAPPY GRIN
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス