文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

市町村は保険制度中心に広域連合を-社民党・阿部知子衆院議員

 社民党の阿部知子衆院議員は、医療提供の主体を行政と位置付けた上で、「市町村は保険を中心に広域連合を作ったらいい」と述べた。医療提供体制や支払体制、医療や健康に関する政策が結びついて地域医療が展開されるべきとした。(熊田梨恵)

 社民党の考える医療政策についてロハスメディアの取材に答えた。「少子高齢社会で医療というものの提供主体たる行政をどこに置くかということ」と前置きし、国は医療費抑制政策などで"医療崩壊"に導いたとして、県単位でも医師派遣や保険者の機能は果たせないとした。市町村ではサイズが小さいとして、「自治体ごとに広域連合を広げていって、最終的には県単位でもいい。保険のハンドルまでも含めて、いわゆる地方政府というか、そういうものが医療を中心に現実的にできていかないと、少子高齢化のプログラムや地域ビジョンはできないと私は思っている」と述べた。自治体が広域連合を組む中で、予防医療や健康政策などについて、それぞれの取り組みなどを参考にしていくとよいとした。

  • ロハスな商品を厳選してお届け! HAPPY GRIN
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス