文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

「ビジョン語れる首長を選ぶ有権者を育てて」-社民党・阿部知子衆院議員

 社民党の阿部知子衆院議員は、医療・健康に関する政策は人材配置や資源配分などについてすべて一緒に考えていく必要があるとして、「そのビジョンを語る首長さんを選べるような有権者を育ててほしい」と要望。その前提として、自治体は医療提供の仕組みを地域住民に分かってもらうよう工夫すべきとした。(熊田梨恵)

 「医療は地域興しの拠点だし、予防も含めて行政がしっかり関与する。病院と連携してリハビリの拠点はこの件にはいくつある、というような計画を立て、人材を大学で育成し、配置していけばいい。全部がミックスしないと何もできない。でもこれがチャンス」と述べ、自治体の長には医療や健康に関する全体的なビジョンを描いてほしいとした。さらに、「その前提には仕組みを国民に分かってもらうこと」として、有権者である住民が自治体の長を選んでいけるよう、自治体が積極的に医療提供の仕組みについて情報公開などを行っていくべきとした。

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
loading ...
月別インデックス