文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

「交替勤務性と複数主治医制の導入を」―民主党・梅村聡参院議員

 民主党の梅村聡参院議員(厚生労働委員会「介護・医療改革作業チーム」事務局長、内科医)は4日、医師の労働環境について「交替勤務制と複数主治医制がよいと思う」と述べ、一般的に行われている主治医性は中長期的になくしていく方向がよいとの認識を示した。(熊田梨恵)

 医師の労働環境に関する考えについて、ロハスメディアの取材に答えた。現在の主治医制については「日本の良い点と思う。ただ、そこを起点に壊れている現状がある。1人が1人を"負う"のが問題」との見方を示した。その上で、主治医性を完全になくしてしまうのではなく、まず交替勤務制に変え、複数の医師で主治医を担う形を中長期的に導入していくのが良いとした。

(この記事へのコメントはこちら)

  • ロハスな商品を厳選してお届け! HAPPY GRIN
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス