文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

勤務医数多い病院を配置し、医師不足解消を―民主党・梅村聡参院議員

 民主党の梅村聡参院議員(厚生労働委員会「介護・医療改革作業チーム」事務局長、内科医)は4日、医師不足や医師の労働環境改善のため、「定数の2倍ぐらいの医師がいる医療機関が各都道府県に1か所ぐらいあるといいと思う」と述べた。(熊田梨恵)

 交替制勤務と複数主治医制の導入など、医師の労働環境の改善にはまず予算と人材配置が必要とした上で、その方法について答えた。「研修医の枠を決めて強制的に派遣するのではなく、中心的な"マグネットホスピタル"に予算を入れ、医師が溢れるぐらいいる病院にする。そこから周辺の医師不足の地域にも派遣していけば、派遣される医師も"根無し草"にはならないので安心できる」と述べ、中小病院の医師不足解消にも役立つとした。

(この記事へのコメントはこちら)

  • タイ王室の高貴なお茶 お求めはHAPPY GRINで
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス