文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

研修病院「本当の意味での勝ち組・負け組が出る」-民主党・梅村聡参院議員

 民主党の梅村聡参院議員(厚生労働委員会「介護・医療改革作業チーム」事務局長、内科医)は7日、今年度に見直された医師の臨床研修制度について「臨床研修病院の実力が問われ、本当の意味での勝ち組、負け組が出る」との見解を示した。(熊田梨恵)

 臨床研修制度に対する見解について、ロハスメディアの取材に答えた。「後ろ一年自由にできるということは、指導医を含めて研修病院全体の実力が問われると思う。研修に力を入れている病院かどうかということが分かる制度になる」と述べた。今回の制度の影響については「まだ分からない」とした。

 今年度の見直しで、内科(6か月以上)と救急(3か月以上)、地域医療研修(2年目、1か月以上)の3科目が必修とされた。外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科は「選択必修」コースとなり、研修医はこのうち2科目を選ぶ。研修期間は2年間のままだが、プライマリーケアの研修期間が原則1年に短縮されている。


(この記事へのコメントはこちら)
 

  • ロハスな商品を厳選してお届け! HAPPY GRIN
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス