文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

新型インフル「自民党は相談受けられる状態でなかった」 世耕弘成参院議員

 自民党の世耕弘成参院議員(参院議院運営委員会筆頭理事)は9日、厚生労働省の新型インフルエンザ対応に関して「厚労族が軒並み地獄の選挙で、自民党の部会が機能停止していたので、自民党はコントロールしていないと思うし、相談を受けられる状態でもなかった。それでも政府側にいた身として、ここまでの責任は認めざるを得ない。今後は野党として民主党のお手並みを拝見したい」と述べた。(川口恭)

 ロハスメディアの取材に対して世耕氏は、「ワクチン輸入を検討しなければらないこと自体、先進国として恥ずべき。ワクチンへのアレルギーが強すぎて、生産する企業も限られていたし、必要な鶏卵供給の面でも問題があった。個人的には子宮頸がんワクチンを通して問題意識を持っていたが、何かを言っても全部厚労族の所でストップされてしまって物事が動かなかった。日本脳炎も含めて、ワクチン行政は潜在的にリスクの大きいテーマと思っている。与党の場合は、党としてのコンセンサスを得ないと公に発言できないところがあったが、今後は個人として発言できるようになるので、どんどん追及していきたい」と述べた。

  • タイ王室の高貴なお茶 お求めはHAPPY GRINで
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス