文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

(2010年6月号参照)

57order.JPG遺伝子差による副作用

 前回に引き続き、遺伝子の個人差に起因する医薬品の感受性の話をしたいと思います。今回は副作用に着目します。
 医薬品の作用に影響を与える因子は右下図のように多くのものが知られており、遺伝的素因はそのうちの一つに過ぎません。しかし、ある種の薬と遺伝子の組み合わせによっては、とんでもないことが起きます。
 遺伝子に関係する重篤な副作用の例として、かつて医療関係者に非常に恐れられていた麻酔薬の悪性過高熱が挙げられます。
 筋肉の異常収縮と続いて起きる40度を超す発熱で、ほぼ間違いなく全身の血液凝固機能に異常を来たして命を落としていました。ある特定のレセプター遺伝子の異常が原因と分かっています。幸い今は発症してしまっても対処法が確立されましたが、遺伝子診断で事前に回避できれば、患者さんにはもっといいはずです。

効きすぎか予想外か

 医薬品の副作用の中には、薬剤の作用の延長線上として効果が出過ぎて起こるものと、薬剤の作用からは予測できないものとがあります。
 前者に影響を与えるのは、薬物の代謝酵素や輸送タンパク質、レセプター、シグナル伝達関連の諸因子などの遺伝的差異です。これらが単独で、あるいは積み重なって、薬剤の血中濃度を、毒性を発揮するまでに高めてしまうと考えられます。大きく関与する遺伝的素因が分かっている場合には、事前にスクリーニングできれば、用法用量を調節することが可能になります。
 一方、薬剤の作用から予測不能な後者に関しては、どうしてそのようなことが起きるのかひとくくりには説明できませんが、「運が悪かった」「体質」などで済ませてよいはずもなく、科学的解明を急がねばなりません。実際に、遺伝的背景で説明できるようなことも増えてきました。
 例えば、血中コレステロール値を下げるスタチンという非常によく使われている薬で、「ミオパチー」という筋肉細胞を損傷する副作用が稀に起きます。これに関与すると見られる遺伝子多型が、08年に同定されました。
 また同様に、多くのありふれた薬剤に共通して起きる「ステイーブンス・ジョンソン症候群」という副作用があります。高熱や悪心と共に紅斑や水疱・びらんが皮膚粘膜の大部分に広く現れ、全身やけどを負ったかのように見えます。場合によっては命を落としたり失明したりします。これも薬剤によっては、HLA(ヒト白血球抗原)の型でリスクの高い人をスクリーニングすることが可能になってきています。
 ただちに命に関わるわけではないような病気の薬によって、難病や命に関わる病を発症してしまうのでは、あまりに間尺に合いません。事前にリスクを調べられたら、別の薬を使うとか、薬の使用をあきらめるとか、いくらでも対処法はあります。
 実際問題として、遺伝情報を事前に調べることが荒唐無稽とは言えない時代になっています。

45分5千円は目前

 近い将来に10万円程度で個人ゲノム全部を調べられる時代がくると予測されています。コンピューターの世界には半導体の集積回路の密度が18~24カ月で倍になるという「ムーアの法則」が存在しましたが、シークエンサー(遺伝子解析装置)は、3カ月ごとに性能が上がってきています。
 まして、先ほど例に挙げたように原因となる遺伝子型が分かっている場合には、ゲノムの一部だけ解析すれば済みます。我々が凸版印刷と共同で開発していて間もなく商品化する予定の遺伝子多型判定器は、血液1滴あれば45分間で1人について32カ所の多型を調べることができます。ちなみに32カ所というのは、世界の人類全部を楽に区別できる数であり、警察での応用も検討されています。
 45分で済むなら、とりあえず処方して待っていてもらい、何も問題なければ薬を渡す、問題があったら処方をやり直すという運用が考えられます。
 価格も、1人5000円くらいにならないものかと考えています。一度検査をして、そのデータをICチップなどに記録しておけば、以後ずっと使えるわけですし、それによって予測のつかない副作用を免れることができるわけですから、決して高いことはないと思います。
 ただ現時点では、それを誰が負担するかという問題点が出てきそうです。当座は、そこだけ自己負担の高度先進医療になるかもしれません。しかし前回も書いたように、国民医療費全体を見た場合、不要な薬剤投与や副作用の発生が防げるなら、すぐ採算に合うのでないか、と思います。
 事実、米国FDAは事前に遺伝子型を調べてから使わなければならない薬をいくつも掲示しています。そのような薬を調べずに使って副作用が起きた場合、医療訴訟に勝てませんから、米国では、ここ2、3年で急速に普及することでしょう。のんきにしていると、また日本だけ取り残されかねません。

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
loading ...
月別インデックス