文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

村重直子の眼18 古川勝久・安全保障/危機管理専門家(下)


古川
「被災地の実際の部隊のオペレーションをやっているのは、自衛隊や警察、消防です。彼らは、そんなこと考えてません」

村重
「厚労省ではなく、そういう人たちが直接窓口を作っていただきたいですね」

古川
「そういうことです」

村重
「医療ということで厚労省や文科省が出てくると、すぐ報告義務をかけるとかいう話になって、国民にフィードバックされないのに、現場の医療者に負担をかけるだけなんですよ。目に見えるようです」

古川
「私は、それとは全く別のアプローチはあり得ると思ってますから」

村重
「ぜひ別のアプローチにしていただきたいですね」

古川
「必ずしも悲観的な方向だけに見ていただく必要はないと思いますね。さっきから村重先生との間でスレ違いがあるなと思ったのは、僕なんかは厚労省とあんまりやりとりをしたことがなくて、『官』といえば、防衛省とか、自衛隊、警察、消防を思い浮かべてるんですよ。このような初動対応者の方々が厚労省のことを話していたことなど、ほとんど聞いたことがないですよ。他方、村重先生から見た『政府』というのは、やはり厚労省とか文科省が一先に思い浮かべておられるんだろうと思います。そこなんですよ」

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス