文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

「医師不足は医学教育の問題か」―文科省のたたき台に不満の声

医学教育カリキュラム議論の整理案P2.jpg 「医学教育カリキュラム検討会」は、臨床研修制度の見直しに向けた文科・厚労両省の検討会が大詰めを迎えた2月に設置された。大学病院や関係学会などにヒアリングを実施し、今回が6回目。4月中に一定の方向性を出すため、文科省は同日の検討会で、「これまでの意見の整理案」を示した。

 整理案は、▽今日の医学教育を巡る課題▽改善点▽医学教育内容▽臨床能力の評価▽教育研究体制―の5本柱で構成。

 この日の検討会での意見を受け、樋口聰・医学教育課長補佐は「これまでの意見をまとめたものなので、若干、提言的なところが多い」と釈明。「濃淡を付けて、バランスを取りながらしっかり書きたい」と述べるにとどめた。

 荒川座長は「皆さん、いろんな意見があるので、これをよくここまでまとめてくれた。これはまあ、たたき台ですので、もう一回(次回に)議論したい。そろそろ時間なので」と述べたところで福田副座長が、この日のヒアリングに参加した研修医の意見を聴くよう求めた。

 札幌医科大を昨年卒業し、現在同大附属病院で研修中の立花蘭氏は「細かいことを話すよりも、もうちょっと中身を議論していただきたいと思う」と感想を述べた。委員から笑いが起こり、荒川座長が「もうちょっと中身をというのは、例えばどういうこと?」と、困ったような表情で尋ねた。

 立花氏が「書き方がどうとか、ではなくて」と答えると、荒川座長は「あ、分かりました」と、安心したように大きくうなずいた。
医学教育カリキュラム議論の整理案end.jpg

 1  |  2  | 3
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス