文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

地域医療再生基金「交付要綱のコンセプト変えた方がいい」―民主党・鈴木寛参院議員

 民主党の鈴木寛政調副会長は11日、地域医療再生基金には「箱物」の計画が多いと指摘し、「3000億円を箱物に使うよりは医療提供体制、とりわけ人材強化や立て直しに使うべきだと思うので、交付要綱のコンセプトは変えた方がいい」と述べた。(熊田梨恵)

 ロハスメディアの取材に答えた。基金は補正予算で設置されるため継続的な運用とならず、"箱物"整備の計画が多くなるとの見方を示した。「相当ひどい使い方になっちゃってと、心配の声も聞いている。今のままの使い方、使われ方では疑問視する人も多い。医療に必要なのはハードのお金じゃなくて人材に対するお金」と述べ、交付要件を見直す必要があるとした。「県知事が立派な県はいいアイディアも含まれていると思うが」とも述べた。
 

  • ロハスな商品を厳選してお届け! HAPPY GRIN
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス