文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

インフルワクチン、生産量の半分を10mlバイアルに-厚労省

 厚生労働省の新型インフルエンザ対策の担当者は29日、ワクチン生産量を従来の約1800万人分から2700万人分に上方修正した理由について、元々3000万人分までは予定していたとした上で、「1mlバイアルと10mlバイアルのワクチンを半々ずつ作る」ことなどで対応していくと話した。(熊田梨恵)

 「もともと2200万人から3000万人分の間で予定していた」と話し、すべて1mlバイアルで製造したとして、製造株が減ることも見込んだ数字では1800万人分だったが、10mlバイアルで製造した場合の3000万人分も予定内ではあったとした。製造株の増え方がよかったことも影響したという。

 10mlバイアルを使用すると、1mlバイアルより瓶に穿刺する回数が増えるなど衛生面での問題が指摘されており、一本のバイアルから接種する対象者が増えるため効率的な使用が求められることになる。担当者は、「1mlと10mlを併用していくなどの方法が考えられる。今後状況を見ながら対応を考えていく」と話し、都道府県の担当者会議でも対応を周知していくとした。また、「諸外国でも5mlや10mlのバイアルを作っているので、日本で1mlというのはパンデミックの状況ではかなり特殊なのではないか」と述べた。

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
loading ...
月別インデックス