文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

医療事故調の地方説明会in仙台

DSC_0012.JPG

ブログの方では、2回(その1その2)少しだけふれて(というかケナして)いた医療事故調の地方説明会。今日は、小松秀樹先生に依頼しておきながらキャンセルした中国・四国地方と東北地方の2ヵ所で開かれた。

で、ケナしておいて何だが東北の説明会を覗きに来た。大野病院事件の福島県を管内に抱えて覚悟のほどが違うのか、パネリストのメンツが豪華だった。ただし、各医療機関の医療安全担当者向けワークショップの一部として企画されたため、コーディネーターによれば聴衆の9割が医療者だという。その意味では、国民に対する説明というよりは医療者に対する説明色が濃いようで、これはどこの地方でも似たようなものらしい。

パネリストをプレゼン順に記すと
深田修・厚労省医政局総務課長(佐原医療安全推進室長の上司)
田林晄一・東北大教授(モデル事業・宮城県地域代表)
今明秀・八戸市民病院救命救急センター所長
嘉山孝正・山形大医学部長
永井裕之・医療の良心を守る市民の会代表(広尾病院事件被害者遺族)
の5人。深田、嘉山、永井の3人に関しては他の地域からお呼びがかかってもおかしくない全国版の人たちで、これだけのメンツが揃えば、単に検討会の内容を要約して繰り返すのではなく、実体のある議論になるんではないか、と期待した。

しかしながら結論から先に言えば、この段階で説明会なんてやるだけ無駄というか、軋轢を増すだけじゃないかと以前していた予測がイヤになるほど的中してしまった。東北厚生局の担当者は大変意欲的に取り組んだのだと思う。そこは評価する。それでも、やはり「医療者」と「医療被害者」との対立を先鋭化させただけで、税金の間違った使い方と言わざるを得ない。やらない方がマシだったと思う。

  • タイ王室の高貴なお茶 お求めはHAPPY GRINで
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス