文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

「患者の任意による接種」は国のトラウマ―民主党・足立信也参院議員

 民主党の足立信也政調副会長は7日、厚労省が新型インフルエンザワクチンの接種を患者の希望による「任意接種」としていることについて、「以前に集団接種によって、薬害として国の責任を問われたというトラウマがある。だから『個人の判断で』としている」との見方を示した。(熊田梨恵)

 厚労省は7日に行われた民主党本部での新型インフルエンザ対策に関するヒアリングで、「国は接種を希望するものに対し接種機会を確保(任意接種)」とする実施体制案を示していた。

 足立議員は会合終了後にロハスメディアの取材に答え、国には予防接種による健康被害が起こった場合の責任を回避したい考えがあることを示唆した。

(この記事へのコメントはこちら)

  • ロハスな商品を厳選してお届け! HAPPY GRIN
  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス