文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

政策形成のため、医療界の整理された情報を届けて-民主党・鈴木寛参院議員

 民主党の鈴木寛政調副会長は7日、医療界から議員への情報提供の方法について、「整理だけしてもらえればまとまっていなくていい。完全にコンセンサスを得たものか、概ね得たものか、意見が分かれているなら、『こういう意見をこの人たちが言っている』といような事を淡々と知りたい」と述べた。提供された情報については、「医療分野への社会資源の配分は自公政権より増やすつもり」とした上で、政治判断を加えて選択肢を選ぶか「第三の案」を作るとした。(熊田梨恵)

 民主党の医療政策の形成過程に関し、ロハスメディアの取材に答えた。今回の政権交代は、医療政策の「方針」がかわるのではなく「政策形成過程」そのものが変わることが本来の意味として、医療界から地元議員に情報を届ける方法を話した。
 
(この記事へのコメントはこちら)

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
サイト内検索
loading ...
月別インデックス