文字の大きさ

ニュース〜医療の今がわかる

国立がん研究センター、相談外来でドクターフィー

 国立がん研究センター(嘉山孝正理事長)は、今週から始めた「がん相談対話外来」「病理相談外来」(セカンドオピニオン外来)に関して、相談担当の医師・歯科医師に1回5000円支払う手当を創設した。国立病院系では初めてのドクターフィー導入になるという。(川口恭)

 16日に開いた定例会見で明らかにした。

 がん難民解消の方策の一つとして従来のセカンドオピニオン外来に替えて今週から実施している「がん相談対話外来」は、60分26250円と都内の病院としては安価ながら、専門医師だけでなく看護師、がん専門相談員(SW)心理士、場合によっては腫瘍精神科医も加わる充実した体制を組んだ。一方で、平常診療に加えて相談にあたる医師の働きに報いるという発想から手当を支払うことになった。

 嘉山理事長は、「簡単にがん難民をなくせるとは思っていないが、なくそうとして一体何が患者さんを難民にしているのかの情報を蓄積すればするほど、何が問題なのかのファクターが分かる。それを政策立案につなげていきたい」と述べた。

(この記事へのコメントこちら)

  • MRICメールマガジンby医療ガバナンス学会
  • 「認知症 それがどうした!」電子書籍で一部無料公開中
サイト内検索
loading ...
月別インデックス